プロジェクトマッピングで、過去を忘れさせない。 消えた、“ナガサキの原爆ドーム”が蘇る!

Share
Tweet

 あれから、70年が経つ。
 広島、長崎に原爆投下されてから、それだけの歳月が経つ現在「被爆者の平均年齢は80歳」。

 原爆という惨禍を経験した世代の高齢化が進むということは、証言者不在の日が刻一刻と近づいている、ということ。
 長崎には広島のように、被曝体験を象徴し伝える原爆ドームがないため、後世への継承が懸念されてきた。

detail_832_1428518930

 そこで考えられたのは、「浦上天主堂再現プロジェクト」。プロジェクトマッピングによる、「疑似体験型」継承だ。
 昨年8月6日・8日、プロジェクトマッピングにより、いまはなきナガサキの象徴的な被爆遺構「旧浦上天主堂(幻の世界遺産といわれており、消えたもう一つの原爆ドーム、と呼ばれる)」を原寸大で再現した。

detail_832_1428765390

(左)長崎の旧浦上天主堂 (右)広島の原爆ドーム

 同プロジェクトは被爆第三世代が中心となって発起、当事者(被爆者)不在のこれからの時代に、継承の意味とその方法を考えることを目的としている。

 被爆第三世代の彼らは、被爆者と交流できる最後の世代であり、当事者不在のこれからの時代に継承活動を担う、最初の世代だ。
 これからは“忘れてはいけない過去”を、未体験者が語り継いでいかなくてはならない。このプロジェクトは間違いなく、彼らに大きく寄与していくだろう。
 

detail_832_1428693700

 詳しくは、Makuakeへ。

[nlink url=”https://heapsmag.com/?p=10235″ title=”LGBTキッズたちが気軽に集まれるのは、20歳が経営する小さな「雑貨店」”]

—————————
Text by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load