世界を繋げた、小さな思いつき

Share
Tweet

ある日、ウィスコンシン州に住むトッド・ボルは思い立った。
「母親が大好きだった本、もっと人に読んでもらいたいなあ」
木材の切れ端で両腕に抱えられるほどの箱を作り、
彼女のお気に入りだった本を数冊入れて玄関先に置いた。
「Take a book, Return a book, Leave a book」
(借りたら返してください。他の本でも構いません)
家の前で、人が立ち止まっては本を借りていくようになった。
だんだんと、街の人々も小さな箱を作るようになった。
本を借りて、1冊お気に入りを寄付する。
箱の前で街の人たちが顔を合わせれば、
「この本がね、よかったんです」と声を掛け合う。
バス停に設置したら、
学校帰りの子どもたちが顔を寄せ合って本を読んでいる。
夕刻、食事の準備をしていると、
家の外の木箱のほうから、誰かが本について話す声が聞こえる。
いまでは、世界の70数カ国で2万以上の木箱が作られている。
街の人々を繋げ、世界を繋げるきっかけは、
トッド・ボルの小さな思いつきと、
手作りの木箱「小さな図書館」だった。


 

littlefreelibrary.org

Photos by Little Free Library

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load