あの時、あの人も30歳で起業していた

Share
Tweet

20_CS_Under30-254

Appleを設立 Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)
1955年2月24日生まれリード大学退学
「アップル」の共同創設者兼CEOで、ピクサーの生みの親でもある。1976年、ジョブズ(当時21歳)とパートナーのウォズニアック(当時25歳)は、誰もが自由に使える個人向けコンピューターの普及を目指し、初期のホームコンピュータ「AppleI」「AppleII」を開発「AppleII」は大成功を収め、「アップル」はシリコンバレーを代表する企業へと成長する。ジョブズはそのリーダーシップと奇抜な発想で会社を引っ張っていき、「アップル」のユニークな商品は世界中の人々を虜にしていった。2011年、56歳の若さでこの世を去り、彼の為に世界中のアップルストアにメッセージや花束が贈られた。彼の資産はおよそ67億ドル(約6,700億円)だったと推定されている。

20_CS_Under30-26
Virgin Group創設 Richard Branson(リチャード・ブランソン)
1950年7月18日生まれ パブリックスクール中退
世界有数の巨大事業グループ「ヴァージン・グループ」の創設者であり現会長。イギリス生まれ。17歳の時、パブリックスクールを中退し、雑誌『Student』を創刊する。趣味で集めていた中古レコードの販売ビジネスが成功し、1973年にレコード会社「ヴァージン・レコード」を立ち上げる。セックス・ピストルズなどのミュージシャンが所属するイギリスの人気レコードレーベルに。84年、ヴァージン・アトランティック航空を設立した後、携帯電話事業、飲食業、映画館事業、鉄道会社などの多分野の業種に次々と参入。近年では、宇宙旅行事業や深海調査計画まで発表している。2012年、フォーブス世界長者番付でイギリスで6番目にリッチな市民にも選ばれ、同国で最も影響力のある人物の一人として知られる。

20_CS_Under30-225
SONY創設者 Akio Morita(盛田昭夫)
1921年1月26日生まれ 大阪帝国大学卒業

日本を代表する企業、ソニーの創設者。江戸時代より続く愛知県 の造り酒屋の跡取りとして生まれたが、少年時代から機械いじりが好きだった。第二次世界大戦では海軍に属し、日米の技術の差を痛感。終戦後、当時25歳だった盛田は井深大とともに東京通信工業株式会社(ソニーの前身)を設立。32歳で海外へ出張した際にスケールの大きさに打ちのめされ、海外進出を決意。世界の誰にでも発音できるようにと、社名をソニーに改名。1960年、39歳のときにアメリカ進出を果たし、ソニーを世界で通用するブランドへと導いた。コミュニケーションを大切にし た型破りの指導者として知られる。時代を切り開いた日本を代表するリーダーの精神は、今も生き続けている。

20_CS_Under30-25a
Facebookを開設 世界で最も知られているSNS、Facebookの共同創設者兼 CEO。ニューヨーク州生まれ。高校は、アイビーリーグへの進学 率が高いフィリップス・エクセター・アカデミーを卒業。2004年、 ハーバード大学在籍中に若干19歳でFacebookを開設したの は映画にもなった有名な話。2010年にはTime誌の「Person Of The Year」に選ばれた。若き実業家として多くのファンを持 つ彼のFacebookフォロワー数は、なんと3,000万人以上に上 る。2014年現在、30歳になったザッカーバーグの推定個人資産 は338億ドル(3兆3,800億円)。フォーブスの億万長者リスト世 界ランキングでなんと14位、最も若い億万長者といえる。公私と もに好調で、2012年にはハーバード大学時代からの恋人、1歳年 下のプリシラ・チャンと結婚した。

続きはiPad or iPhoneの本誌をDL!
iPad→goo.gl/dTcY9v

iPhone→http://goo.gl/gVBqF7

Illustrator: Miki Ishikawa,
Writer: Junya Shinohara

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load