“ジン界のマザー”による『ジンづくり指南書』15年読み継がれるハウツージン

Share
Tweet

孔子の『論語』やピーター・ドラッガーの『マネジメント』。時が経とうとも、時代を超えて読みつがれるロングセラーの「指南書」。ジン界のロングセラーといったら、『Stolen Sharpie Revolution(ストールン・シャーピー・レボリューション)』。2002年に初版され、これまで15年間で2万2000部以上を売りあげる、ジンづくりの指南書である。

il_fullxfull.698909565_946q

 作り手は1997年にジンづくりをスタート、以来20年に渡ってジンカルチャーを支えてきたアレックス・レック。オレゴン州ポートランドにて、カスタムメイド缶バッチやジンを販売するショップ「Portland Button Works(ポートランド・ボタン・ワークス)」を営む傍ら、毎年開催されるポートランド・ジン・シンポジウムのファウンダーである(さらにジンをテーマに活動するバンドのメンバーでもあり)彼女は、ジンカルチャーのマザーというべき存在だ。

IMAG5582
IMAG5584

 といっても「D.I.Y(Do It Yourself:自力でやる)」がジンづくりの基本のきであり、一番美味しいところでもある。ジンカルチャーにどっぷり浸かる彼女が「ジンはこう作るべし!」と丸わかりマニュアルなガイド本を作るはずがない。「“自身の創造力をもって、自分で作る”。ジンの魅力に夢中になったビギナーの出発点のようなものになればと思って」。ジンの綴じ方や紙質印刷のコツなどから、コスパの悪さ解消やいいディストリビューション方法など、ジンづくりビギナーが陥りがちな疑問を解決してくれる手助け本だ。

IMAG5586
IMAG5583

 あーやれこーやれ言うわけでなければ、頭ごなしに突き放しもしない。「とりあえずやってみようよ」とあくまで各々の創造力を暖かい眼差しで見守る指南書ジン『ストールン』。20年もの間、身を入れてきたジンカルチャーに対する彼女の普遍的な想いが、時代を超えて作り手、そしてカルチャー全体を支えるわけだ。

—————
All images via Alex Wrekk
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load