DAILY
  •      
  • Aug 11, 2017
「“違う”ことに驚くほど嫌悪感を示す僕の国」23歳、同性愛厳禁への挑発。タブーだらけのウェブマガジン『A Nasty Boy』
Pocket

世界でもっとも同性愛に厳しいといわれる地域の一つがアフリカだ。2017年現在もなお、アフリカ大陸にある54ヶ国のうち、38ヶ国で同性愛が“非合法”、ナイジェリアでいえば13年に同性婚禁止の法案が可決。同性愛が発覚すれば、14年以下の懲役が課せられるというのだ。

A Nasty Boy : Ofure Ighalo
A Nasty Boy/Ofure Ighalo

 この状況にアフリカのクリエイティブなクィアキッズたちは黙っていなかった。ナイジェリアのLGBTQシーンに焦点を当てるファッションオンラインマガジン『A Nasty Boy(ア・ナスティ・ボーイ)』。「職場で開くとマズいものもあるからね」と挑発的だ。
 
「ナイジェリアはとても保守的な国。“違う”ということに対して驚くほどに嫌悪感を示すんだ」。いわゆる“男の子”ではなく、人と違うことを理由にずっといじめられっ子だったという、同誌ファウンダーのリチャード・アクソン(23歳)。若いながらも自身の経験を元に、アフリカにこびりつく“違いに対するアレルギー反応”と闘おうとマガジンを立ち上げた。

_X2A0250 copy
Zeus Feni:Owethu Mentoor
Zeus Feni/Owethu Mentoor

 同誌面には、ナイジェリア発のファッションブランドを纏いアイメイクをキメた息を飲む美男子に、ヌードフォト、尖ったワードチョイス。公共の場でのヌード表現なんてもってのほかな土地において、彼らのクリエイションがどれほどセンセーショナルで、物議を醸すかは想像に容易い。

nast1
12
Wavy The Creator @wavythecreator

 同性愛に対しての弾圧に臆するどころか、挑発をかます『ア・ナスティ・ボーイ』。いい意味で生意気に啖呵を切る若き彼らの“nasty”は、本来の意味の“不快”でなく、スラングの“最高にカッコいい!”を個性豊かに体現しているのだ。

A Nasty Boy

▶︎もっとZINEをみる

“本棚の脅威”と呼ばれた伝説のジンがオンラインに再来!ド級アングラサイケ『HomeGrown』

鬼才デビッド・リンチ『ツイン・ピークス』、あの田舎町に新聞があったらこんな感じ?ファンジン『Twin Peaks Gazette』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

欧米各地ミレニアルズによる「アナログ腕時計の新興ブランド」が同時多発&成長中。その要因は?

「あなたの舌にピッタリな野菜届けます」好みを分析&マッチングした新鮮野菜デリバリーがスタート

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...