【今週のZINE】「ベッドのうえのこと(兄弟との、恋人との思い出とか)」。“人生3分の1を過ごすベッド”を語るフォトエッセイジン『Bedspread』

Share
Tweet

人生の3分の1を占めるといわれる睡眠。ヒト一人の人生を仮に80年とすれば、その3分の1、つまりは27年間もの月日を「寝床」で費やす計算になる。そんなに長い時間を過ごす寝床には、当然さまざまなストーリーや、忘れられない思い出、淡い感情や苦い想いなど、100のベッドがあったら100通りの話があるだろう。
 寝ているときに人間は一番無防備になるというから(ゴルゴ13はのぞいてね)、寝室は間違いなく“最も私的な空間”といえる。勝手に足を踏み入れるのをためらうほど、「その人」がつまった小さなスペース、寝床の写真を集めたのがフォト&エッセイジン『Bedspread(ベッドスプレッド)』だ。

IMG_1898

 作者は、イギリス在住のフォトグラファー、ジェニファー・ロー(Jennifer Lo)。世界中のコントリビューターから、ベッドの写真とベッドにまつわるストーリーを集め、一冊に綴じた。

IMG_1906

「フォトグラファーもそうでない人からも『ベッド』の写真を集めたわ。写真一枚一枚の裏側にあるストーリーってとても興味深いじゃない?」とジェニファー。

 ベッド写真に添えられるのは、恋人との思い出を語るものから、ベッドに寝たきりになった父との思い出話など、普段は垣間見ることのできない寝室に広がるパーソナルなストーリーだ。

IMG_1909
IMG_1907

 清らかで穏やかな写真たちがシンプルな装丁で綴じられた美しいジン。ページをめくっていくほど、今朝離れたばかりの寝床が恋しくなってくる。就寝前のひとときに『ベッドスプレッド』を。今夜は良い眠りにつけそうだ。

Bedspread Zine

—————
All images via Bedspread zine
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load