【今週のZINE】“内向的は根暗”じゃない!内向き女子が本当のところ教えます。イラストジン『Looking Inward』

Share
Tweet

2012年、米作家のスーザン・ケインがTED Talks(テッド・トーク)で発表した「内向的な人が秘めた力」というタイトルのスピーチをご存知だろうか。

社交的で活動的、いわゆる外向的な人が評価され「内向的な人」に対して偏った見方を持たれやすい米国社会(世界各国の社会にもいえると思うが)で、「いやいや、内向性って実はね…」と、その誤った認識に異を唱え、内向的な人々の素晴らしさを説いたスピーチだ。

il_570xN.1008254177_51co

 そんなスピーチのように「内向的でもいいじゃん」と肩に手を置いてくれるような一冊のジンがある。カリフォルニアの漫画家で“内向き”な女子、エリカ・スジュール(Erika Sjule)が自身の体験を元に作った『Looking Inward(ルッキング・ インワード)』だ。

il_570xN.961727434_l1mf

 誌面では、内向性にまつわる研究や逸話、内向的な著名人の発言などにイラストを添えて彼女なりの“内向的とは”を定義。心理学者カール・ユングが提唱した「内向的・外向的」という概念についての小難しい話も、心理学を学んだ経験のある作者がイラストつきで紹介してくれるので気軽に読める。中でもオススメは「内向的な人が言われ飽きていること」など、“あるあるネタ”漫画。

il_570xN.1008269065_991t

 あのマハトマ・ガンディーやアインシュタイン、ビル・ゲイツ、さらにオードリー・ヘプバーンやエマ・ワトソンまで内向的人間だと言われている。
 内向的な自分・あの人は、根暗でコミュ障…、と決めつける前に。まずは「内向的」の意味を履き違えていないか自問自答してみよう。ジンを読んだ後には、きっと内向的ってそんな悪くないんだな、と思えているはず。

Looking Inward

—————
All images via Erika Sjule
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load