ミレニアルズ館長の、一泊ワンコイン「泊まる図書館」。“秘密基地型”、新たなマイクロ・ライブラリーがこれだ

Share
Tweet

自分の本棚を地域の人へシェア。いま、日本中で静かに広がりを見せるのが、誰もがどこでも気軽にはじめられる「マイクロ・ライブラリー(個人運営の小さな図書館)」だ。読書を促進するだけでなく、本をきっかけに地域コミュニティの活性化にも一役買うと期待されている。

a397e789-b0f9-4364-9b8d-30786694b40a

 自宅やオフィス、カフェ、ショップ、お寺にも開設、さらに移動型もあるなど自由度の高さが何より面白いのだが、和歌山県にも一軒、また新しいアイデアの図書館があった。

 同県新宮市の古民家を改築して建てられた「Youth Library (ユース・ライブラリー)えんがわ(以下、えんがわ)」は、日本でも数少ない“泊まれる”図書館なのだ。

581f34e0-2cb8-45cd-9d0d-68c70aba149e

「子どもや若者が、自分のやってみようと思ったことができる、大人から何か言われずに自由でいられる“秘密基地”を作りたい」と語るのは、弱冠24歳の館長・宮川裕大(ゆうだい)さん。

 地域の子どもや若者たちにとって「憩いの場・さまざまな人との交流の場」となるような図書館を開放するほか、宿泊施設としても、1日1組限定で海外の観光客や日本一周をしている大学生をホスト。しかも若者なら一泊ワンコイン(500円)という破格の宿泊料金が、お金のない若者にやさしい。

e9849bdf-9b71-47ec-90cc-4eb32ac40c76
2c16d423-f7be-4906-89f8-adc0dd5eb9a4

「Youth(子ども・若者)を全力で応援する」がミッションのえんがわは、小中学生にプログラミングを教えるイベント「CoderDojo(コーダー・ドウジョウ)」も不定期に開催。現在は、地元高校生の「落ち着いて勉強できる空間が欲しい」という要望に応え、新たに自習室を作ろうと計画している。

a0ad5622-4c1d-4c73-9523-5f6740111d53
8c1f59a8-5d4c-43b3-a58b-678161f990d0

 若き館長が、若者、大人、そして外国人観光客も巻き込んで作り上げる空間えんがわ、捧げるのはユースの将来だ。一人のミレニアルによる次世代ミレニアルズに向けた、新たなマイクロ・ライブラリーの形が一つ育まれそうだ。

Youth Library えんがわ

—————
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load