日本の「BARA」に魅せられた各国のゲイ・クリエイターたちが作るゲイ・ジン『Burl & Fur』がついに刊行

 男性同性愛者を指す隠語として「薔薇」という言葉がある。

 “同性愛”そしてギリシャ彫刻のような“男の筋肉隆々の肉体”がもつ美しさをうたった作家三島由紀夫の「仮面の告白」然り、ゲイムーブメントを牽引した1971年創刊の商業ゲイ雑誌「薔薇族」然り、日本においても、古くから“薔薇”と形容されるゲイカルチャーが存在した。

 そんな日本の「薔薇(BARA)」文化に魅了されたのがロサンゼルス、ポートランド、ロンドンなどに住む、場所も国籍も違うイラストレーターやコミックアーティストの4人。彼らが中心となり、40人を超えるアーティストとともに、ゲイイラストレーションジン「Burl & Fur(バール・アンド・ファー。訳すとなると“ガチムチと毛皮”)」を作り上げた。

burl and fur mockup_small

 日本の「BARA」文化に扇動された参加アーティストが、めいめいに感じる男性の“美しさ”を表現したイラストはキュートなものから少し過激なものまで、60ページに渡り所狭しと並ぶ。

Burl and Fur spreads_revisions1

Burl and Fur spreads_revisions2

 中心メンバーはIrene Koh(アイリーン・コー)、Paul Reinwand(ポール・レインワンド)、Ricardo Bessa(リカルド・ベサ)、Kevin Jay Stanton(ケビン・ジェイ・スタントン)。「初めはみんなの反応を見るのが少し不安だった」4人だが、蓋を開けてみれば反応はよかったそうだ。

 日本でゲイといえばオネエタレントや中性的な男性をイメージする人が多いかもしれないが、ガチムチとなると馴染みがないかも?このジンをきっかけにまずは“見ること”から初めてはいかがだろうか。

Burl and Fur spreads_revisions3

Burl & Fur

[nlink url=”http://heapsmag.com/?p=11363″ title=”トランスジェンダーによる、「トイレ革命」。トイレから、男女の垣根がなくなる日が来る?”]

—————–
All images via Burl & Fur
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

All articles loaded
No more articles to load
 

PRO-DESIGNERS

ビジュアルで世界をガラリと改良した〈前進のデザイナーたち〉