DAILY
  •      
  • Dec 28, 2016
持ち寄りパーティには、「make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ) 」で差をつけよう/ Urban English
Pocket

ホームパーティも多くなる時期、いっちょ「make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ) 」しますか。
今週は「料理スラング」を4つ紹介。

第1問
make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ)

1. 一から作ること
2. マズい料理ができること
3. 砂糖と塩を間違えること

shutterstock_389667034

正解は、1「一から作ること」

I made a cake from scratch!
このケーキ、(ミックスなどを使わずに)一から手作りしたのよ!

第2問
hit the spot (ヒット・ザ・スポット)

1. 水っぽい
2. おいしい
3. 焦げっぽい

shutterstock_400053985

正解は、2「おいしい」

Your homemade curry hit the spot.
あなたのカレー、大満足の美味さだったよ。

第3問
sting (someone’s) eye(スティング・アイ)

1. 見た目が美しい料理
2. 目にしみる
3. 目分量で

shutterstock_14693377

正解は、2 「目にしみる」

Oh shoot, onion is stinging my eye!
あああ、玉ねぎが目にしみる!

第4問
What’s cooking?(ワッツ・クッキング?)

1. なに料理しているの?
2. なにを隠しているの?
3. なにが起きてるの?

shutterstock_515891584

正解は、3「なにが起きてるの?」

The living room has been noisy. What’s cooking?
さっきから居間が騒がしいけど、なにしてるの?

▶︎あなたにオススメ関連記事

同僚からfashionably late (ファッショナブリー・レイト)って思われてない?/ Urban English

いつものお湯割にひと味は「焼酎にひとかけらのバター」。他、冬のホットカクテル。

▶︎▶︎週間トップ人気記事

企業が地球資源をシェアする“真のシェアリング・エコノミー”。「ずっと使える子ども自転車」をつくるバイクブランドはこう考える

#006 前編「ベッティが思い出した、せんせいと重なる記憶」—【連載】「超悪いヤツしかいない」。米国・極悪人刑務所の精神科医は日本人、大山せんせい。

Pocket

eye (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...