持ち寄りパーティには、「make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ) 」で差をつけよう/ Urban English

Share
Tweet

ホームパーティも多くなる時期、いっちょ「make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ) 」しますか。
今週は「料理スラング」を4つ紹介。

第1問
make from scratch(メイク・フロム・スクラッチ)

1. 一から作ること
2. マズい料理ができること
3. 砂糖と塩を間違えること

shutterstock_389667034

正解は、1「一から作ること」

I made a cake from scratch!
このケーキ、(ミックスなどを使わずに)一から手作りしたのよ!

第2問
hit the spot (ヒット・ザ・スポット)

1. 水っぽい
2. おいしい
3. 焦げっぽい

shutterstock_400053985

正解は、2「おいしい」

Your homemade curry hit the spot.
あなたのカレー、大満足の美味さだったよ。

第3問
sting (someone’s) eye(スティング・アイ)

1. 見た目が美しい料理
2. 目にしみる
3. 目分量で

shutterstock_14693377

正解は、2 「目にしみる」

Oh shoot, onion is stinging my eye!
あああ、玉ねぎが目にしみる!

第4問
What’s cooking?(ワッツ・クッキング?)

1. なに料理しているの?
2. なにを隠しているの?
3. なにが起きてるの?

shutterstock_515891584

正解は、3「なにが起きてるの?」

The living room has been noisy. What’s cooking?
さっきから居間が騒がしいけど、なにしてるの?

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load