人の「生活」を覗ける博物館?世界20ヶ国1万5000人〈ワーキングクラス移民〉の旧家「テネメント・ミュージアム」

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今回紹介するのは、ニューヨークのロウアーイーストサイドにある、「テネメント・ミュージアム(Tenement Museum)」。19世紀から21世紀にかけて同区に移住してきた移民の歴史や当時の暮らしぶりをツアーガイドの案内で学ぶことができる。97オーチャード通りにある2つの建物がミュージアムで、これまで世界20ヶ国からやってきた1万5,000人以上のワーキングクラスが入れ替わり立ち替わり生活をしていた場所。人種のるつぼ、世界の縮図といわれるニューヨークで、一番ニューヨークらしい時間を過ごしてみる。

hi_res_keiko_1
Orchard Street Façade, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_2
Baldizzi Family Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_battman_studios_1
Levine Family Kitchen, Photograph by Battman Studios
hi_res_keiko_6
Rogarshevsky Family Parlor, photo by Keiko Niwa
hi_res_battman_studios_2
Levine Family Parlor, Photograph by Battman Studios
hi_res_keiko_3
Confino Family Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_4
Museum Visitors in Hallway, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_5
Museum Visitors, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_7
Schneider Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_8
Schneider Saloon, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_9
Schneider Saloon, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_exterior_dusk
Tenement Museum Visitor Center

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load