人の「生活」を覗ける博物館?世界20ヶ国1万5000人〈ワーキングクラス移民〉の旧家「テネメント・ミュージアム」

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今回紹介するのは、ニューヨークのロウアーイーストサイドにある、「テネメント・ミュージアム(Tenement Museum)」。19世紀から21世紀にかけて同区に移住してきた移民の歴史や当時の暮らしぶりをツアーガイドの案内で学ぶことができる。97オーチャード通りにある2つの建物がミュージアムで、これまで世界20ヶ国からやってきた1万5,000人以上のワーキングクラスが入れ替わり立ち替わり生活をしていた場所。人種のるつぼ、世界の縮図といわれるニューヨークで、一番ニューヨークらしい時間を過ごしてみる。

hi_res_keiko_1
Orchard Street Façade, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_2
Baldizzi Family Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_battman_studios_1
Levine Family Kitchen, Photograph by Battman Studios
hi_res_keiko_6
Rogarshevsky Family Parlor, photo by Keiko Niwa
hi_res_battman_studios_2
Levine Family Parlor, Photograph by Battman Studios
hi_res_keiko_3
Confino Family Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_4
Museum Visitors in Hallway, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_5
Museum Visitors, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_7
Schneider Kitchen, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_8
Schneider Saloon, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_keiko_9
Schneider Saloon, Photograph by Keiko Niwa
hi_res_exterior_dusk
Tenement Museum Visitor Center

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

等身大の視線と確かな手触りで、もう一度「いま」をつくる。世代の感性とイノベーション、アイドリス・サンドゥ(22)来日の1週間

こんにちは。HEAPS(ヒープス)です。もう11月だなんて。冬はもうすぐそこの角にいるようですが、ヒープスのイベントはもっとすぐそこです。もう角を曲がってきちゃっています。11月の末・12月の一週目に、今年最初で最後のイ…
All articles loaded
No more articles to load