バチカン国外で未見の装飾品も。〈カトリック×ファッション〉話題の異色展覧会がMETで進行中

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。

今回案内する展覧会は、美術館の最高峰ニューヨークのメトロポリタン美術館とその姉妹美術館でアッパーマンハッタンにあるクロイスター美術館で開催中の『Heavenly Bodies: Fashion and the Catholic Imagination』。テーマは「カトリックとファッション」。カトリックの装飾文化を紹介する刺激的な本展では、カトリックの総本山にあるバチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂から集めてきた教皇のローブやアクセサリーなど、バチカンから一歩も外に出たことのない装飾品などが40点以上展示されている。さらに、カトリックの服飾文化と現代ファッションデザインの関係性についても言及する。宗教とファッションカルチャーという物議をかもすトピックに斬りこんだ威風堂々のエキシビションとなっている。

01,-d-,-hbbyzantinegalleryview
Gallery View, Mary and Michael Jaharis
Galleries for Byzantine Art.
Image: © The Metropolitan Museum of Art
02. HBMedievalEuropeGalleryView
Gallery View, Medieval Europe Gallery.
Image: © The Metropolitan Museum of Art
03,-d-,-hbmedievalsculpturehallgalleryview
Gallery View, Medieval Sculpture Hall.
Image: © The Metropolitan Museum of Art
04. HBCuxaCloisterGalleryView
Gallery View, Cuxa Cloister.
Image: © The Metropolitan Museum of Art
05. HBFuentiduenaChapelGalleryView
Gallery View, Fuentidueña Chapel.
Image: © The Metropolitan Museum of Art
06. HBRomanesqueHallGalleryView
Gallery View, Romanesque Hall.
Image: © The Metropolitan Museum of Art

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

All articles loaded
No more articles to load
 

PRO-DESIGNERS

ビジュアルで世界をガラリと改良した〈前進のデザイナーたち〉