テキスタイルとリズムを。バイオリンやジャズを織物で表現したら?二次元の世界でうねる音とビート

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今回紹介するのは、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン市にあるボストン美術館とともに米三大美術館の1つであるシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)で開催の展覧会『Music and Movement: Rhythm in Textile Design.』。テーマは〈テキスタイル×リズム〉。17世紀から20世紀の米国やブラジル、フランス、日本、フィンランドのテキスタイルデザインをフィーチャー。バイオリンのバイブレーションを描写したタペストリーやジャズのリズムを表現した織物、列に連なる踊り子たちが描かれたラッピングペーパーなど、二次元の世界で奏でられるリズムにフォーカスした一味変わったエキシビションとなっている。

E40441-intのコピー
Faith Ringgold. Bessie’s Blues from the series American Collection Number 5, 1997. The Art Institute of Chicago. Robert Allerton Endowment.
IM026429-intのコピー
Designed by Leonardo Nierman, woven by Fritz Riedl. Sonata, 1976/77. Mexico, Mexico City. The Art Institute of Chicago. Gift of Dee Lamport Loew.
IM026268-intのコピー
Sonia Delaunay. Produced by Artcurial. Jazz (Dress or Furnishing Fabric), designed 1920, produced in 1977. The Art Institute of Chicago. Textile Collection Fund.

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「男性誌はというと、相変わらずで」。プレイボーイ元編集者と髭剃りブランドが“お金にならないカルチャー誌”をやる大切な理由

「#MeToo」ムーブメント後に、米国で急成長しているウェブマガジンがある。扱うトピックは、おちんちんの話からメンタルヘルス、デジタルカルチャー、政治まで幅広い。そしてその編集長、米男性誌『プレイボーイ』の元編集者だ。探…
All articles loaded
No more articles to load