テキスタイルとリズムを。バイオリンやジャズを織物で表現したら?二次元の世界でうねる音とビート

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今回紹介するのは、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン市にあるボストン美術館とともに米三大美術館の1つであるシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)で開催の展覧会『Music and Movement: Rhythm in Textile Design.』。テーマは〈テキスタイル×リズム〉。17世紀から20世紀の米国やブラジル、フランス、日本、フィンランドのテキスタイルデザインをフィーチャー。バイオリンのバイブレーションを描写したタペストリーやジャズのリズムを表現した織物、列に連なる踊り子たちが描かれたラッピングペーパーなど、二次元の世界で奏でられるリズムにフォーカスした一味変わったエキシビションとなっている。

E40441-intのコピー
Faith Ringgold. Bessie’s Blues from the series American Collection Number 5, 1997. The Art Institute of Chicago. Robert Allerton Endowment.
IM026429-intのコピー
Designed by Leonardo Nierman, woven by Fritz Riedl. Sonata, 1976/77. Mexico, Mexico City. The Art Institute of Chicago. Gift of Dee Lamport Loew.
IM026268-intのコピー
Sonia Delaunay. Produced by Artcurial. Jazz (Dress or Furnishing Fabric), designed 1920, produced in 1977. The Art Institute of Chicago. Textile Collection Fund.

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load