テキスタイルとリズムを。バイオリンやジャズを織物で表現したら?二次元の世界でうねる音とビート

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今回紹介するのは、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン市にあるボストン美術館とともに米三大美術館の1つであるシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)で開催の展覧会『Music and Movement: Rhythm in Textile Design.』。テーマは〈テキスタイル×リズム〉。17世紀から20世紀の米国やブラジル、フランス、日本、フィンランドのテキスタイルデザインをフィーチャー。バイオリンのバイブレーションを描写したタペストリーやジャズのリズムを表現した織物、列に連なる踊り子たちが描かれたラッピングペーパーなど、二次元の世界で奏でられるリズムにフォーカスした一味変わったエキシビションとなっている。

E40441-intのコピー
Faith Ringgold. Bessie’s Blues from the series American Collection Number 5, 1997. The Art Institute of Chicago. Robert Allerton Endowment.
IM026429-intのコピー
Designed by Leonardo Nierman, woven by Fritz Riedl. Sonata, 1976/77. Mexico, Mexico City. The Art Institute of Chicago. Gift of Dee Lamport Loew.
IM026268-intのコピー
Sonia Delaunay. Produced by Artcurial. Jazz (Dress or Furnishing Fabric), designed 1920, produced in 1977. The Art Institute of Chicago. Textile Collection Fund.

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load