さよなら、手づくり映画館。壊れかけのイス、スクリーン、カルチャー〈消えゆくインド単館シネマ〉面影ドキュメント

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ニューヨークにある映像や動画専門の博物館「ミュージアム・オブ・ムービング・イメージ」で開催中の写真展「Cinema Play House(シネマ・プレイ・ハウス)」。インド出身のアーティスト、ナンディータ・ラーマンが撮った、消えゆくインドの単館映画館がドキュメントされている。

インドでは多くの単館映画館は、20世紀前半に建てられた。劇場での映画鑑賞が大衆文化として確立し、観客たちもお気に入りの映画俳優たちに歓声をあげ、劇中の歌にあわせて歌う。また映画館のデザインは、商業施設の建築家ではなく、映画館のオーナーたちの手によって設計されたそうだ。

80年代後半にホームビデオが一般的になってから、インドでも単館映画館は生き残りをかけた試練のときを迎えることに。閉館する映画館が増えるなかでも、未だ永らえる少数の映画館の意地と踏ん張りを写真にみる。


Nandita Raman
Untitled #1 (Prabhat), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #2 (Prabhat), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #3 (Liberty), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #5 (Natraj), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #7 (Prabhat), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #9 (Regal), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #11 (Grace), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #16 (Prabhat), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Untitled #17 (Moti), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

Nandita Raman
Unititled #38 (Projector Operators, New Empire), 2009
From Cinema Play House
Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE

All photographs by Nandita Raman are Archival Pigment Prints in an edition of 7, Nandita Raman © Courtesy sepiaEYE.

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load