究極のアートとサイエンスの共存〈鑑賞者と一緒に呼吸する“生命体”〉AI駆使した、驚異のデジタルインタラクティブ展

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ワシントンD.C.にある全米初のデジタルインタラクティブ・アートスペース「Artechouse」で開催中の「NEW NATURE by Marpi」。

ポーランド出身・サンフランシスコを拠点とするテクノロジスト/デジタルアーティスト、Marpiによるインタラクティブアート展で、テーマは「New Nature(新しい生命体)」。AIにより、スクリーンに映し出された植物や虫、生物、風景、惑星などの“生命体”が、鑑賞者の動作にしたがってリアルタイムで反応し鑑賞者と呼応する、オーディオ・ビジュアル体験だ。

















All images via ARTECHOUSE

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load