究極のアートとサイエンスの共存〈鑑賞者と一緒に呼吸する“生命体”〉AI駆使した、驚異のデジタルインタラクティブ展

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ワシントンD.C.にある全米初のデジタルインタラクティブ・アートスペース「Artechouse」で開催中の「NEW NATURE by Marpi」。

ポーランド出身・サンフランシスコを拠点とするテクノロジスト/デジタルアーティスト、Marpiによるインタラクティブアート展で、テーマは「New Nature(新しい生命体)」。AIにより、スクリーンに映し出された植物や虫、生物、風景、惑星などの“生命体”が、鑑賞者の動作にしたがってリアルタイムで反応し鑑賞者と呼応する、オーディオ・ビジュアル体験だ。

















All images via ARTECHOUSE

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load