• STYLE
  •      
  • Sep 1, 2017
「撮るんじゃねえぞ?」極秘の場所で“全米最大マフィアの元メンバー”は動物レスキューに勤しむ
Pocket

元電通社員の某シンガーソングライターに、元銀行マンの某Vシネ帝王。ググってみると「そうだったの!?」な異色の経歴の持ち主というのは意外といる。

この男もまた耳を疑うような経歴を持つ。しかも就くのは前職と180度違、命を救う仕事へ。ジェームス・ジュリアーニ(50)、全米最大最強マフィアの元メンバーの過去を払拭、いま汗水垂らし精を出すのは「アニマルレスキュー」だ。

_DSC7548-2

足を洗った元極悪マフィア

 逮捕歴10回に、ムショ暮らし4回。「詐欺に窃盗、ハイジャックに誘拐。ヤミ賭博に人も撃った。悪業は一通り全部やってきた」。ジェームスはニューヨーク五大マフィアの頂点、ガンビーノ一家の元メンバーだ。10代で組織メンバーとつるみはじめ、気づけばすっかり酒と麻薬漬け。周りにはそんなワルい男を好きになる女ばかりで「やめる理由なんてなかった」と、20年間その名をひけらかしてきた。

 そんな彼だが、13年前、突然きれいさっぱり足を洗った。しかもだ。イタリア系マフィアの聖地*にて動物シェルター「ケノズ・アニマル・サンクチュアリー」を経営し、救助・保護活動に勤しんでいるという。時には命を奪う仕事から一転、“救う”仕事に従事する彼。一体、何がそうさせた?「怖いけど気になる」。おそるおそる取材までこぎつけた。

*ブルックリンのベンソンハースト地区

_DSC7409

「シェルターの外観写真は、絶対撮るんじゃねぇぞ?」

 取材当日、指定された住所にたどり着くとそこには一軒のペットショップ。店内はペット用のエサや洋服が売られているだけで、全然シェルターっぽくない(人懐っこい猫が3匹いたけど)。「ここはジェームスとレナ(ジェームスの妻)が経営するペットショップ。シェルターは別の場所にあるんだ」。こう話すのは店番をしていたレナの息子。どうやら夫婦で2店舗を経営しているらしい。

_DSC7379-2
_DSC7340

 約束の時間から30分、音沙汰なし。フラれたか、と思ったところでジェームス登場。噴きだす額の汗をぬぐいながら、しゃがれ声ボリューム大で「遅れてスマン。動物たちの世話をしててな。さぁ、シェルターへ連れてってやる」。どうやらシェルターの場所は極秘のため、ペットショップに呼びつけたらしい。しかも近隣住民さえもそこがシェルターとは知らない。

いいか、シェルターの外観写真は、絶対撮るんじゃねぇぞ?」。二つ返事でYES、愛車の高級ワゴンに乗り込んだ。道中、彼が「眠気覚ましに1日15杯飲む」というエスプレッソを一気に喉に流し込んだところで「Ask me whatever you want(聞きたいことは何でも聞きな)」。

_DSC7413

HEAPS(以下、H):あのぅ、なんでシェルターの場所、秘密なんですか?

James Guilian(以下、J):いまシェルターでは52種類の動物を保護している。なかには市でペットとして飼うのが禁止されてるリス、ポッサム(フクロギツネ)、アライグマもいてね。立ち入り調査なんてされたら、たまったもんじゃねぇ。

H:ああ、てっきり足洗ったのに狙われているのかと思いました。「立ち入り調査こわい」ってとこ、マフィア臭が漂いますね…。なぜ動物保護活動を?

J:2006年だったかな。ある日、路地で捨て犬を見つけたんだ。毛は埃まみれで皮膚はただれて、衰弱りきってたシーズー。虐待されて捨てられちまったんだろうな。精一杯の力を振りしぼって、俺の顔を舐めてきた。それまで動物なんて大嫌いだったんだが、俺…。

H:動物嫌いだったんですか?

J:あぁ、大嫌いだったね。てめぇのキ◯タマを舐めた口で俺を舐めるんじゃねぇよって。服に毛が着くのすら嫌だった。でもそのとき、俺はそいつにキスをし返した。それがはじめて救助した犬、ブルーノさ。

_DSC7419

H:いい話…。

J:ブルーノには腫瘍があって、それが癌だって知ってから、20年間毎日やってた酒もコカインも一晩でやめた。あいつと過ごす時間を無駄にしたくなかったんだ。

H:一晩で?

J:あぁ。昔は自分自身をコントロールできなくなって、銃片手に自殺しようとすらしたこともあったのに。この時は、一晩でセラピーにもリハビリにも頼らずにやめられた。妻のレナとブルーノ、それから自分の人生も失いたくなかったからな。思い返せばブルーノとの出会いがターニングポイントだった。で、その1ヶ月半後、ブルーノの死をキッカケにマフィアもやめた。あいつの苦しみを間近で見て、こんな思い、動物にさせたくねぇ、って。

H:ものすごい決意…。やめた後、マフィアメンバーに戻りたいとは思わなかったんですか?

J:そりゃあ昼間っから酒飲みながらドミノしたり、プエルトリコのビーチにいた方が楽しいさ。けど、変な使命感があってな。俺がやらなきゃ誰がやるってね。いまでもギャングの奴らとは仲がいいんだか、みんな俺の活動をリスペクトしてくれてるあいつらも動物が好きだからな

_DSC7452-2

H:へえええええ。そして、2013年に奥さんレナとシェルターをオープン。

J:あぁ。オープン以来休みなしだよ。1日17時間働きっぱなしで、睡眠時間は3時間。

H:ストイックです…。レスキューの過程を教えてください。

J:まずは、動物レスキューに関しての連絡がくるんだ。毎日電話にEメール、フェイスブックからメッセージがひっきりなし、一番多いのは捨てられている動物の報告。保護するときは大体手づかみさ。だから見ろよ俺の顔と手。傷だらけだ。

_DSC7555

H:ワ、ワイルド。

J:虐待されたあげく放置された動物が人間を怖がるのは当然だろ? 俺がビビってたらあいつらだって反応に困る。威嚇したり逃げたり、噛みつきもする。逃げて車にでもひかれたらたまったもんじゃない。まずは噛みつかせといて、そのまま捕獲これが俺のやり方だ。一年に60~100頭のアライグマに、約30~60匹のポッサムを救助する。

H:しんどくなったり、投げ出したくなったりしないんですか?

J:エサやりに下の世話、散歩にしつけ。やらなきゃいけないことはたんまりある。近所に迷惑をかけたくないから掃除だって毎日欠かさない。この仕事はな、タイムカードを切って「お疲れさま〜」のパートタイムジョブじゃない動物の命がかかってる、俺の生活そのものなんだ

_DSC7500-2

H:目的はやはり、里親を見つけることでしょうか?

J:YES(そうだ)! 1ヶ月に4、5匹の里親が見つかることもあれば、3ヶ月経っても見つからないこともある。いまここに残ってるやつらには、里親がまだ見つかっていない。無理もない、子どもの顔面に噛みついたり、病気で目が見えなくなって捨てられた犬たちだからな。でももしこのまま里親が見つからなかったとしても、俺がここで一生面倒を見る絶対に死なせない

H:なぜそこまで情熱をそそげるんでしょう? エサ代や家賃だってバカにならないでしょうし…。

J:はは、その通り。このシェルターとペットショップ合わせて毎月100万の家賃を払ってる。見ての通りよく食うやつばかりだから、エサ代も凄まじい。それでも続けるのは、たぶん昔の自分と動物をリンクさせてるのかもしれないな歳だけくって、未来に希望が見出せないだから助けてやりたいって思うのかもしれない

_DSC7510

H:マフィアとアニマルレスキュアー。働き方の大きな違いってなんでしょう?

J:一緒さ。しいていうならtaking(奪う)かgiving(与えるか)かの違いかな。俺ってやつはハマりやすい性格でね。昔は酒、麻薬、女に夢中だったけど、いまはそれが動物に変わっただけ。どうやって安くていいコカインをゲットするかと、どうやって動物を助けるか、って、かたちは違えど働き方は一緒だ。

H:今後も同じスタンスでアニマルレスキューを続けていくのでしょうか?

J:リアリティー番組に出演したし、本も出版した。でも、俺もう50歳だぜ? 別に有名になりたいわけじゃない。家族と動物を守っていければそれでいい。欲を言えば、俺が死んだときに「20年前に、あのアニマルレスキューしてた元マフィア知ってる?」なんて言われるように、俺がやってることを次世代にも残せたらそれで充分だ

_DSC7475-2

 動物は好きな方だが、自分より大きな犬たちが興奮する姿や、里親が見つからない理由を聞いたあとシェルターの中に入るのは、正直怖かった。が、犬たちはしつけに忠実だったし、不思議と「絶対に噛みつかせない」と断言するジェームスを信頼できた。

 デカくて強面、どこか近寄りがたいオーラを放つジェームスだが、実は正義感が強く誠実で献身的。マフィアという肩書きを捨て、動物がつけた顔と手の傷跡を誇らしげに不意にこぼした「俺はギャングスター・レスキュアーさ」。ネーミングセンスもその生きざまもどストレート、カッコいいじゃないか。

_DSC7539

Interview with James Guiliani

***
James Guiliani
_DSC7551-2
_DSC7549

▶︎オススメ記事

5年間の服役と自宅軟禁で学んだ写真。 世間に戻った写真家は、社会の歪んだ側面を切り取る。 Donato Di Camillo(ドナート・ディ・カミッロ)

飼育員は囚人たち。フロリダのワケありな「刑務所動物園」

▶︎▶︎週間トップ人気記事

東欧キッズ「Poor But Cool(金はなくてもかっこいい)」若者が息する普遍の24時間、ユースのリアリティ

“農場から冷凍庫へ”の「ファーム・フローズン」って知ってる?働く女性の新しい冷凍食品

—————
Photos by Saori Ichikawa
Text by Yu Takamichi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

_DSC7548-BW2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...