5年間の服役と自宅軟禁で学んだ写真。 世間に戻った写真家は、社会の歪んだ側面を切り取る。 Donato Di Camillo(ドナート・ディ・カミッロ)
Pocket

Donato Di Camillo(ドナート・ディ・カミッロ)が「フォトグラファーになるまで」のストーリーは異色だ。学校に行かずアシスタントもせず、というよく聞く話ではない。写真の知識と技術は、3年間の服役中と、2年間の自宅軟禁中に一人で学んだ。

44歳でキャリアをスタートさせた彼が、レンズを向ける被写体もまた歪みを見せる。モデルやセレブには目もくれず、人生に苦悩を抱える社会のマイノリティにのみシャッターを切るからだ。

Donato_BW-14 のコピー

刑務所で独学。47歳前科ありの写真家

 ドナートの写真には、一目で彼の作品と分かる明確なスタイルがある。大胆なフレーミングに、目の覚めるような色彩、 強めのコントラスト。それからファッションの作品ではお目にかかれない被写体と、その訴えかけるような表情。

untitled
Photo by Donato Di Camillo
untitled-2
Photo by Donato Di Camillo

 特筆すべきは、そのバックグラウンド。美術系大学やカメラマン養成スクールで基本的な知識や技術を身に付けたわけではなく、スタジオでアシスタントとして働いたわけでもない。写真は、刑務所服役中と自宅軟禁中の5年間で、すべて独学した。

Donato_BW-21

 当の本人は「It doesn’t matter(過去の話なんて、別にいいだろう)」と、多くを語りたがらないが、やはり触れておきたい。
 遡ること2006年、ニューヨーク・マフィアの犯罪組織のひとつ、コロンボ一家のメンバーに関連した容疑から逮捕。当時は懲役20年と宣告されるも、3年の刑務所服役と2年の自宅軟禁で済み、2011年に釈放。その後、フォトグラファーとしての道を歩みはじめた。

Donato_CL-6

大半を読書に費やした、服役生活

 イタリア系アメリカ人として生まれ、ブルーカラー(肉体労働者)の両親のもとで育った。訛りのある英語やイタリア人特有の名前を笑われ、疎外感を感じていた思春期。楽しみといえば、毎月父が近所から拾ってくる雑誌『National Geographic(ナショナル・ジオグラフィック)』の掲載写真を見ること。最高品質で写し出される、これまで目にしたことのない世界中の風景に、少年は心を奪われた。

Donato_CL-3

「写真家願望なんてなかった」服役中だが、やはり興味はあった。刑務所図書館に並べられた数冊の古びたフォトブック、家族が定期的に送ってくれた写真専門誌で、カメラの基礎知識を熟読。

 刑務所暮らしから自宅軟禁にかわっても、行動範囲は36メートル以内。時間を持て余していたドナートは、YouTubeで露出・構図・画像編集のおさらいや、新たにライティング技法を習得。次第に溢れ出る探究心は止まらず、家族にカメラを買ってきてもらい、昆虫や植物を撮りはじめた。

Donato_BW-12

 自分の足で歩くストリート、すべてが新鮮な風景。5年の刑期を終えた後をこう語る。「まるで翼を手に入れた気分だった」。同時に、将来の不安も尽きなかった、とも。
 そんな時、あのナショナル・ジオグラフィックのプロ・アマ不問のフォトコンテストに応募。厳格な基準をくぐり抜け、見事掲載されたのだ。「経歴のない自分の写真が評価されたことは、大きな自信に繋がった」と2013年、本格的にフォトグラファー活動を開始した。

Donato_BW-19 のコピー

ライカのレンズ越しに映る「フリンジ」たち

 ソーホーに繰り出し、モデルやセレブのスナップを撮ったりはしない。車を走らせる先は大体いつも、労働者階級をメインに多種多様な老若男女が集うビーチ、コニーアイランド。そして被写体は大体いつも、そこでたむろするホームレスやアル中の人々。ドナートは彼らを「フリンジ(社会のマイノリティ)」と呼ぶ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photo by Donato Di Camillo

「ホームレスに特化しているわけじゃあない。ただ、人生を物語る目力、放つキャラクターの強さに惹かれ声を掛けるのさ」。罪を犯し、償ってきた身だからこそ、そういった被写体に親近感を感じる。そしてそれぞれが持つライフストーリーを、写真を通して表現する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photo by Donato Di Camillo
exclusive
Photo by Donato Di Camillo

「綺麗に着飾ったモデルにはない、フリンジだけが伝えれるストーリーがあるんだ」。被写体を見下すことはしないし、面白半分で撮ったりもしない。そこにはいつもリスペクトがある。それでも危険とは隣り合わせ。物を投げつけられたり、ナイフを突きつけられてカメラを盗まれたこともあった。

「僕が切り取る被写体は、いわゆる“主流の美”じゃない。醜いと思う人も、なかにはいるかもしれないね。でも僕には美しく映る。だって皆、それでも一生懸命生きてるから」。その言葉には、妙に説得力があった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photo by Donato Di Camillo

「最近ではメディアに取り上げられる事も多く、撮影依頼もどっと増えた。でも正直、この知名度は僕の作風か、それとも異色のバックグラウンドのおかげなのか…」。本格的に写真を撮りはじめてまだ3年。自分をプロフェッショナルと呼んでいいものか、とこぼす。

「あなたにしか撮れないものとは?」と問うと「そんなもの、ないよ」と一言。強面の印象からは想像し難いが、謙虚という文字が似合う男だ。

Donato_BW-13

 わざと冗談を飛ばしたり、ふざけたポーズをとって取材陣や被写体を笑わせてくれたり。フィルターを通すことなく誰をも受け入れ、理解し、アプローチできるのがドナートの魅力なんじゃないか、と実際の撮影風景を見ていて感じた。

Donato_BW-15
Donato_BW-16

 充分すぎる自然光がある日でも、撮影時は必ずフラッシュをたく。仕上がった作品は、まるで被写体と過去の自分をリンクさせ「明るい未来であるように」と言っているかのように、眩しいほど鮮明だ。

***
Donato Di Camillo


Donato_BW-17 のコピー
Donato_BW-7
Donato_BW-8-1
Donato_BW-9-1
Donato_CL-21
Donato_CL-23
Donato_CL-24
Donato_CL-27
Donato_BW-18 のコピー

▶︎あなたにオススメ関連記事

獄中からシャバへ。暴かれる内事情、米国の囚人たちが彼らの実話をシェアする「プリズン・ライターズ」

60回の夏をかけて撮り続けた、“労働者のビーチ・リゾート”の姿。 写真家ハロルド・ファインスタインがネガに残したもの

▶︎▶︎週間トップ人気記事

「弁護士辞めて、レゴに人生賭けた」。 レゴブロック・アーティストになった男の圧倒的作品

元“フッター派”の若者。コロニー暮らしの厳格キリスト教徒コミュニティの内情を赤裸々告白。「近代社会と隔絶した場所で、若き僕らはこう生きた」

—————
All interview photos by Kuo-Heng Huang
Text by Yu Takamichi

Pocket

eye (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...