DAILY
  •      
  • Jan 5, 2018
晴れの日に引きこもり、勝手に人のご飯を食べた…「私の小さな懺悔」で埋め尽くしたジン『Things I Feel Guilty For』
Pocket

年もすっかり明けました。2018年の抱負、と2017年をふりかえってみる。ああ、あの時あんなしょうもない嘘ついたっけ。やるやる詐欺のやり残し課題あったな…。人生を左右する大きな後悔から毎日の小さな罪悪感を繰り返し。“後悔のないように生きる”とは、言葉にするよりはるかに難しい…というか、そんなのほんとにあるの?

il_fullxfull.1219084554_5qh8

 やってしまった罪悪感・やらなかった後悔にウジウジする人に、「F*** Feeling Guilty!(罪悪感なんて、クソくらえ!)」と威勢よくぶっ放すジンがある。『Things I Feel Guilty For(シングス・アイ・フィール・ギルティ・フォー:後悔してること)』には、オーストラリア在住の大学生デジレーちゃんのやっちまった談が、なぐり書き(失礼)でメモされている。

「気持ちのいい晴れの日なのに、一日中家に引きこもっていた」
「人のご飯、食べちゃった(え?)」
「レストランで食べ残し。フードウェイスト」
「ホームレスに十分お金を恵んであげなかった」
「チキンを食ってしまった(ええ?)」

Guilty.Zine.2
Guilty.Zine.1
il_fullxfull.1266311499_or9b

 共感できる罪悪感もあれば、ちょっと意味不明な後悔も。そんな彼女の目下の罪悪感は「愛犬タイタンのことかな。家には大きな庭もないから、タイタンは思いっきり走りまわれないし、毎日2回は散歩にいけなきゃいけないのに、実際行かれてない…。退屈して鬱みたいになってないといいけど」

 今年は愛犬の散歩、一日2回行けるか、デジレーちゃん!? まあ他人の心配するより、筆者もまずは2017年の小さな懺悔たちと向き合いつつ…自分の2018年を考えてみよう。

Things I Feel Guilty For

▶︎もっとZINEをよむ

「子どもの頃からコンビニで買って食べてたお菓子」懐かしの味にレアお菓子の入手法をまとめた『サリサリストア』

「ヤバ、また延滞料金払わなきゃ…」うっかり女子の延滞歴をまとめただけのユルくて可愛いイラストジン『Late Fees Zine』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

30ヶ国で大売れカレンダー『NYC中年タクシー運転手』たるんだ腹にアヒル口、魅力剥き出しの12ヶ月

進化を続けるDJIのドローンで映す「世界の新たな奇妙と異常」。狂気と正気、世界と日本の境界線は一体どこだ?

—————
All images via Desiree Tahiri
Text by HEAPS, Editorial Assistant: Tomomi Inoue
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

Guilty.Zine.2のコピー2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...