DAILY
  •      
  • Dec 16, 2016
【今週のZINE】パーティーでハイなあの子は何を口走る? 珍ワード炸裂のドキュメント・ジン『Stonerquotes』
Pocket

お酒を飲むと疲れやストレスに凝り固まった心もほぐれ、気持ちもふわふわ。陽気になったり、突飛なこと口走ったり、「毛頭記憶にもございません」な失敗談が生まれたり。皆さん、生きているからにはそんな経験、山ほどありますよね。

cover_stoner
Image via Eli Adams

 イリノイ州在住の女の子、Eli Adams(エリ・アダムス)から送られてきた小さな冊子『Stonerquotes(ストーナー・クオーツ)』。これは、お酒ではなく「マリファナ」でハイになっちゃった友だちの珍発言を、エリがメモしたジンだ。
 ちなみに、「stoner(ストーナー)」とは、マリファナで、いわゆるハイになった状態の人のこと。

1

 中を覗くと、クスッとしちゃうヘンテコ発言がいっぱい。

2

I fucking love COLORADO.
「私はコロラド(マリファナの所持・娯楽使用が合法化されている州)を愛しているわ」

I am bursting with creativity right now.
「いま、クリエイティビティが一杯ではちきれそう」

I wonder how they make milk.
「疑問なんだけど、ミルクってどうやって作られているのかな」

3
I JUST THREW UNIVERSES AT YOU.
「あなた目がけていま、ちょうど宇宙を投げました」

4
Mcdonald’s should make pizza.
「マクドナルドはピザを作るべきだね」

 その意味不明発言、シラフが見ればまー面白い。

 また、このジンは一枚の紙に切り込みを入れ折っただけの、手のひらに収まる小さな小さなサイズのもの。日本で大麻はNGだが、緑色した小さなこのジンなら気軽に手に取ってOKだ。

5
6
7
8

 突飛な言動も失敗談も、後になれば笑い話に。そんな笑い話を集めた『ストーナー・クオーツ』を酒の肴に、今夜も失敗談を作ってみてはいかがだろうか。 

Stoner Quotes

▶︎あなたにオススメ関連記事

信じるのは医療大麻の力。修道女がはじめた“吸わないマリファナ”ビジネス

毎号「たった1人のインタビュー」のみ。ベルリン発・カルチャーマガジンの最高峰『mono.kultur(モノカルチャー)』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

次にくるスロー・フードは「真のアメリカン」!?油も砂糖も不使用、忘れられたアメリカの味が蘇る

板1枚ではじめるDIY家具づくり!ミニマリストの創意工夫が光る、変幻自在な鉄脚 「noashi」

—————
Text by Shimpei Nakagawa

Pocket

eye (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...