DAILY
  •      
  • Jul 7, 2017
【今週のZINE】ドラムキットに隠れた“愛されビートル”、リンゴ・スターのことがきっともっと好きになる。ファンジン『Ringo Starr Unofficial Fan Zine』
Pocket

「リンゴ・スター」という名前をはじめて聞いたときどことない親しみを覚えたのは、日本人だからか。“りんご”のせいだ。

ジョン・レノンとポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンという大きな影に隠れて子犬みたいな顔でドラムを叩く“ビートル”、リンゴ・スター。みんな名前は知っているのに、どんな人なのかはビートルマニアでない限りあまり知らない。好きなビートルはと聞かれて「リンゴ」と答える人は結構レアだ。

RingoCover

 そのリンゴが、実は思っている以上に魅力的だと教えてくれるのが、丸ごと一冊リンゴのジン『Ringo Starr Unofficial Fan Zine(リンゴ・スター・アンオフィシャル・ファン・ジン)』。ベルリンに住むビートルマニアのコミックアーティストカップル、リズとウィルムが手作りした。

 彼らが「非公式だけど“真の”リンゴのファンジン」と謳う誌面には、

知っておきたいリンゴのこと

ringofacts
ringofacts2
たとえば、彼には“Ringo-ism(リンゴ語)”という独特の言い回しがあること。ビートルズの代表曲“A Hard Day’s Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)”や“Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)”、“Tomorrow Never Knows(トゥモロー・ネバー・ノウズ)”などもリンゴ語。これら、文法的には正しくない。

ビートルズ時代のエピソード漫画

RingoComicPage1
ドラムスキルに自信をなくし、他のメンバーから疎外されていると感じ「脱退したい… 」とジョンに相談。
するとジョンは「なんだ仲間外れにされているのは俺だと思ったよ」。

切り抜いて使える特製リンゴポストカード

RingoDrums
冊子に差し込んである付録。

「ドラムは目立つべきでない」と考え控えめながら、ミュージシャン仲間から賞賛された。出没スポットのツイッターには、トレードマークのピースサイン写真でいつも笑顔。1973年リリースのアルバム『リンゴ』には、ビートルズ解散後に唯一、ジョン、ポール、ジョージとビートルズメンバーみんなが集まった。ドラムキットの影に隠れた“愛されビートル”・リンゴ、ジンを読み終えた後には「好きなビートルはリンゴ」と言う自分がいるかも。

Ringo Starr Unofficial Fan Zine

▶︎ZINEをもっと見る

「ヤバ、また延滞料金払わなきゃ…」うっかり女子の延滞歴をまとめただけのユルくて可愛いイラストジン『Late Fees Zine』

ブリットポップのボス、我らが「Oasis(オアシス)」。ロックンロールな彼らに捧げられたファン垂涎もののジン『Oasis Band Magazine』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

「不法移民の皿洗いがミシュランシェフへ」メキシコ人が果たしたアメリカンドリーム、ウソみたいなホントのハナシ

#003「東ベルリンに恋に落ちた。そして、“カセットテープ密輸中毒”になった」【連載】「ベルリンの壁をすり抜けた“音楽密輸人”」鋼鉄の東にブツ(パンク)を運んだ男、マーク・リーダーの回想録

—————
All images via Ringo Starr Unofficial Fan Zine
Text by Risa Akita
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...