DAILY
  •      
  • Jun 23, 2017
【今週のZINE】「パティ・スミスになりたくて」。いち女子の憧れが滲み出る“パンクの女王のルーツ”ディグ・ジン『PATTI +』
Pocket

2010年に世に送り出された“パンクの女王”ことパティ・スミスの初自叙伝『Just Kids(ジャスト・キッズ)』。
一人の女の子がパンクの女王になるまでの過程、そしてその半生に欠かせない写真家ロバート・メイプルソープとの青春時代を追憶する同書は42か国で翻訳され、全米図書賞を受賞。既読の人も多いのではないか。

il_570xN.1090074385_e11h

 まだ何者でもない一人の女の子だった若きパティ・スミスが詩人アルチュール・ランボーやボブ・ディランに憧れを抱いたように、イギリス在住のある女の子も『ジャスト・キッズ』を読了しパティに憧れた。そしてパンクの女王に捧げるため作ったのがジン『PATTI +(パティ・プラス)』だ。

「彼女が愛する作家の文学を読み、映画を観て、音楽を聴けば、少しでも彼女のようになれるかと思って」と、作者のメーガン。
 そのジン『パティ・プラス』では、パティが『ジャスト・キッズ』内で紹介した自身が影響を受けた本や映画、音楽のタイトルが、切り貼りされた写真とともにずらりと並べられている。あとは、パティのインスピレーション源(モダンジャズ界伝説のサックスプレーヤーのジョン・コルトレーンに、サイケデリックロックを代表するドアーズ、イタリア映画界の鬼才ミケランジェロ・アントニオーニ監督の代表作『欲望(BLOW-UP)』….などなど)だけ。

il_570xN.1043522266_fni1
IMG_2974

「正直言って、私のジンがユニークだとは思わないんだけど」とメーガン自身が言うように、はっきりいってひねりなくパティ・スミスのルーツをずらりと並べた、いわばパーソナルなスクラップブックだ。が、大好きなアーティストの“ルーツ・ディグり”を経験した人ならば、このジン制作は他人事には思えないはず。一人の女の子が、好きと憧れの一心でパンクの女王のルーツをディグしてまとめて生まれた一冊、若き日の文学少女・音楽ナードのパティ・スミスが自身の憧れを追う姿まで思い巡らせてくれる。

PATTI +

▶︎もっとZINEをみる

社会の偏見に“可愛く反抗”、マイノリティ女子5人組はZINEが武器。カルチャージン『La Liga』

一人の男の、私的な感情をまるごと綴る。正直なジン『Brooklyn to Mars』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

社員フリーランス化のいま。若者がのめり込む次世代の“副業”「サイド・ハッスル」って?

メディアが(あんまり)報じない中国ミレニアルズの実態。その3、“デパート派”の親世代から「私たちは断然セレクトショップ派!」劇的に変化する中国人の買い物事情

—————
All images via Megan McGill
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

il_570xN.1090074385_e11hのコピー2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...