【今週のZINE】社会の偏見に“可愛く反抗”、マイノリティ女子5人組はZINEが武器。カルチャージン『La Liga』

Share
Tweet

“J. Lo(ジェイロー)”ことジェニファー・ロペスに女優のジェシカ・アルバ、アイドルのセレーナ・ゴメス。「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にも選ばれるカルロス・サンタナも。ここに挙げた顔ぶれは、みんな「ラティーノ/ラティーナ」だ。

スクリーンショット 2017-06-15 11.52.30

 ラティーノ(男)、ラティーナ(女)と呼ばれる彼らはラテン系アメリカ人で、米国最大のマイノリティだ。先出のように数々の世界的著名人にもラテン系が多いが、いまだにラテン系=不法移民ラテン系=労働者などと、ラテン系アメリカ人に対するステレオタイプが存在するのも確かだ。

「これだけたくさんのラテン系アメリカ人がいて、言語も宗教も文化的背景も、肌の色や髪の毛だってさまざまなのにも関わらず、“ラテン系”と一括りに片付けられるのはおかしい」と生まれたのが、オンラインプラットフォームジン『La Liga(ラ・リーガ)』(英語・スペイン語対応)。ロサンゼルス、テキサス、ニューヨーク、カナダ、トルコ在住のエール、マリ、アナ、ステファニー、ミアのラテン系女子5人組が仕掛け人だ。

スクリーンショット 2017-06-15 12.13.57
スクリーンショット 2017-06-15 12.14.08

 オンラインプラットフォームでは「個人的な思い出」や「トラウマ」、「祖国への想い」、「移民として海外に住むということ」、「(偏見に対する)反抗手段としてのアート」などをテーマに、インタビューやエッセイ、散文、イラストなどで表現。不定期発行の紙のジンやインスタのポストでも「『Latinx(ラティンクス*)』であること」が、いまっぽいセンスのイラストやフォトに落とし込まれ、生真面目すぎずに主張されている。

*ラティーノやラティーナに対するジェンダーレスな表現。

la yerbera english 4
la yerbera english 5
la yerbera english 1

 反トランプのプロテストもそうだが、若い世代はSNSなどテックを武器に、政治や人種問題、フェミニズムなど一見入りづらいような話題へ、同世代を自然に招き入れるのがうまい。まさに『ラ・リーガ』はそのいい例だ。可愛いウェブサイトだな、このインスタ、ビジュアルいいじゃん、をとっかかりに、若い世代が自分のアイデンティティについて考えるきっかけさりげなく生み出しているのだ。

La Liga Zine

—————
All images via La Liga
Text by Shimpei Nakagawa, Edited by HEAPS
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load