【今週のZINE】外国人のイラストで読む「日本人の“本当の”食卓事情」。日本食=スシを美味しく否定するフードジン『one japanese kitchen(ワン・ジャパニーズ・キッチン)』

Share
Tweet

「Sushi」に「Ramen」に「Tempra」。「世界中で起こる空前の日本食ブーム!」なんてのはもう耳ダコだ。

日本食が浸透しようが、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されようが、拭い去ることができない「Sushi」が持つ絶対的権力。未だに我々日本人の朝昼晩は「Sushi」だと思っている人もいる。そりゃそうだ。日本人が思うアメリカンフードといえば、ハンバーガーにピザだもん。

DSC_0725

「私の家族も、日本人は四六時中スシを食べていると思っていたわ」。そう回想するアメリカ人のPia Peterson(ピア・ピーターソン)が作ったのが、『one japanese kitchen(ワン・ジャパニーズ・キッチン)』。1年間山形県に住んでいた彼女が現地で食べたもの・作ったものをまとめた日本食レシピジンだ。

 気になるのはそのレシピの顔ぶれ。外国人も大好きな「Tempra」も並んでいれば、日本人の食卓でも登場頻度が低い「ニシンそば」、“これぞ日本の朝ごはん”を象徴するご飯に焼き鮭、味噌汁、漬物なども。我々にとって当たり前の家庭料理も「Sushi」しか知らない外国人にとっては驚きだろう。

april 4 copy
may p3 copy

 しかもここに並ぶレシピは、実際に彼女が台所で調理したもののみ。友人やご近所さんが彼女の台所に駆けつけ、和食の作り方を教えてくれたのだそう。その賜物だろうか、「干し柿」のレシピも載っているらしい。

december p3 copy
vietnam herbs

 1年の日本滞在で、ピアは何もただ日本文化や和食に触れていたのではない。リアルな食卓を通じて「異国の暮らしに溶け込んだ」ということだ。その経験は、高級寿司を食べることよりも、「プライスレス」なのは言うまでもない。

one japanese kitchen

—————
All images via Pia Peterson
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

等身大の視線と確かな手触りで、もう一度「いま」をつくる。世代の感性とイノベーション、アイドリス・サンドゥ(22)来日の1週間

こんにちは。HEAPS(ヒープス)です。もう11月だなんて。冬はもうすぐそこの角にいるようですが、ヒープスのイベントはもっとすぐそこです。もう角を曲がってきちゃっています。11月の末・12月の一週目に、今年最初で最後のイ…
All articles loaded
No more articles to load