【今週のZINE】オーストラリア人・旅女子。TOKYOで生まれた“感情”をイラストしたジン『Tachiyomi』。見たもの食べたもの・そしてときどきエモーショナル

Share
Tweet

旅は、訪れた街の魅力を教えてくれるだけでない。見知らぬ地で、息つく暇もなくやってくる新しい出会いや人とのふれあい。そこから沸き起こるさまざまな感情が、旅することの値うちではないだろうか。

tachiyomi cover

 その感情の留め方は旅人それぞれ。ひとりのオーストラリア人・旅女子は、東京への旅とそこで感じた折々のエモーションを24ページのイラストで収めた。
 Ashley(アシュリー)ちゃんによる旅行記イラストジン、その名も『Tachiyomi(立ち読み)』だ。

tachiyomi spread 1

 今年4月に東京を旅したばかり。日本人の友だちの誕生日をお祝いしたり、高円寺のロックバーでマスターやママと音楽話で盛り上がったりしたのが特にいい思い出だそうだ。

 ジンには、ぶらり街歩きにて目に留まったのだろう鉢植えや看板、軒先、そして日本のソウルフード、ラーメン。日本人から見たら何てことない日常風景も、彼女にとったら大切な旅の一コマ。

tachiyomi spread 2

 ブルーを基調にした素朴なタッチのイラストたち。表紙はピンクにイエロー、グリーンにパープルとカラフルなのに、なぜ中のイラストは全部ブルー?

「これは旅でふと感じた、“ホームシック”な気持ちの表れなの」
 なるほどこれも旅人だけの、新しい街での感情だ。

tachiyomi spread 3

 すべてが目新しい非日常に囲まれてたかぶる気持ち、ふと陥るホームシック。旅の道中で生まれる、もしくは思い出す感情は、新たな自分も発見するようで味わい深いのだ。
 最近旅に出ていない人も、ふと立ち止まって『Tachiyomi』。新しい街と、それから目まぐるしい感情を楽しむ旅に出たくなる。

Tachiyomi

—————
All images via Ashley Ronning
Text by HEAPS and Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load