【今週のZINE】白人が作る。「米国警察の犠牲者:有色人種たち」のポートレートを集めた社会派ジン『DON’T LOOK AWAY』

Share
Tweet

その根は途方もないほどに深い。未だなおアメリカにはびこり、終わることのない有色人種への差別問題。

中でも有色人種に対するアメリカ警官の暴力はとどまるところを知らず、今年だけでも123人の黒人が警官に射殺、全米各地で起きる抗議デモ「Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター:黒人の命も大事)」が社会現象となり、依然として人種間の緊張がやむことはない。

Alex Nieto

『DON’T LOOK AWAY – Portraits of Victims of Police Murder(ドント・ルック・アウェイ- ポートレイツ・オブ・ヴィクティムズ・オブ・ポリス・マーダー)』と名付けられたこのジンは、これまで警官の不当な処罰によって犠牲となった者のイラストポートレイトとストーリーを集めたもの。

 作者は、イラストレーターのSeth Goodkind(セス・グッドカインド)。彼は、肌の白い白人だ。

「その昔、奴隷制度が敷かれていた過去を持つアメリカ。しかし、これまでその歴史や人種差別問題は公で誠実に討論されることはなかった。このジンを通して、アメリカに存在する謂れなき人種差別に向き合ってもらうのと同時に、議論の場を作りたかったんだ」と語る。

Matthew Ajibade

 ジンを作るきっかけとなったのは、昨年テキサス州で起きた黒人女性Sandra Bland(サンドラ・ブランド)の事件。彼女は白人警官による過剰取り締まりを受けた後、留置場で謎の死を遂げた。

「この事件を知って、怒りを覚えたよ。その怒りを表現するには彼女の似顔絵を書くしか思いつかなくて。白人として、この人種問題に声をあげなければと思ったんだ」

Mya Hall

 たった一つのジンでは何も変わらないかもしれない。しかし人種問題に対し、全人種各々が自覚を持ち向き合うことなしには、この根源にはびこる権力と差別は何も変わらないままなのだ。「DON’T LOOK AWAY(目を背けるな)」

Don’t Look Away

—————
All images via Seth Goodkind
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load