【今週のZINE】思春期ど真ん中のクィア女子、本音炸裂。ちょっと過激にエッセイジン『Not Straight Not White Not Male』

Share
Tweet

思春期といえば人生におけるもっとも多感な時期。「自分はいったいぜんたい何者なんだ」とアイデンティティは揺らぐ。

いまから4年前に作られたジン『Not Straight Not White Not Male(ノットストレート・ノットホワイト・ノットメイル:ストレートでも、白人でも男でもなく)』。
作者はロサンゼルスに住むベトナム系アメリカ人女子、Rosi Vo(ロズィ・ボオ)。

il_570xN.1029694265_nr9x

 絵も色もなし、文字だけで綴られたこのジンには、アジア系アメリカ人、女性、そしてクィアとして3つのアイデンティティの間で揺れた思春期真っ只中の、極私的な感情がそのままに書きとめられている(というか、ぶちまけられている)。

 エッセイのタイトルを覗いてみると、どれもストレートで少々アグレッシブ。
「サイアク人種差別主義者が私に言い放ったこと」
「ごめんね、母さん。ベトナム系アメリカ人としてアメリカに生きることって、クソ苛立つ」
「性的コンプレックスで服も選べない」

il_570xN.511262808_jqgg

 ジンを作る背景には、当時傾倒していた音楽シーンがあったのだとか。

「ストレート・エッジ(*)シーンでは、有色人種や女性、セクシャリマイノリティに対して決して寛容ではなかった」
 自分の居心地よいコミュニティなはずなのに、居心地が悪い。そんな状況にもアイデンティティの葛藤があったそうだ。

 *ロック音楽などにおける思想・概念・ライフスタイルであり、ハードコア・パンクのサブジャンル。「喫煙しない」「麻薬を使用しない」「アルコールを摂取しない」「快楽目的のみのセックスをしない」というのが基本的な理念。

il_570xN.540420061_h3ei

「当時のやり場のない気持ちをただただ書き綴ったの。4年という歳月を経て成長したいまは、あの時の私とは違う。でも未だにこのジンに共感する人も多くいるから、求めている人がいる限り届け続けるわ」
 
 思春期特有の悩みや不安定さに加えて、アジア系アメリカ人と同性愛者というふたつのマイノリティに悩む一人の女子が、怒りもやるせなさもボカすことなく書いたジン。
 ただ「自分のため」に綴った言葉は、4年経ったいま誰かの胸に突き刺さる。

—————
All images via Rosi Vo
Text by HEAPS, editorial assistant: Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load