DAILY
  •      
  • Jan 20, 2017
【今週のZINE】自分勝手な作り手が集合すれば時々もっとおもしろくなる。『COOKED POETS SOCIETY(クックト・ポエッツ・ソサイエティ)』
Pocket

どこまでも自分の好き勝手がまかり通るのがZINE(ジン)のよさだが、自分勝手なまま(良い意味で)複数の作り手の集合で予期せぬ方向に進んで面白くなるのも、またジンの良さだ。

メルボルン在住のイラストレーターKitty Chrystal(キティ・クリスタル)が作るのは後者の面白みを思い切り生かしたもの。COMP ZINE(Compilation Zine)といって、複数のクリエイターの作品の集合体というスタイルだ。

13844222_10154407094502082_1137389192_o

彼女の作るジン『COOKED POETS SOCIETY(クックト・ポエッツ・ソサイエティ)』、もともとは仲間内で作品を共有するポエット(詩)クラブとしてはじまり、それぞれのイラストやコラージュなども持ち込んでジンを制作することに。

「他の人と作ることで、自分では思いつきもしなかったことを発見できる。自分の普段の作品より、広がった視点を持って作れるの。他の人の視点を理解するのにも最適の方法だし」と、複数人で作るジンならではの魅力を話す。

16107584_10154976853747082_2095309884_o

S__34766851

 たしかに、各々のイラストやコラージュを一つにまとめるという、ある種の再構築がなされた一冊には、たとえればキャンディからステーキまでの振れ幅があって飽きない。90年代のSF小説やフィルム、2000年代初旬のアニメにインスパイアされたというキティのイラストもこれまたクセになるものばかりなので、ぜひ見て欲しい。

***

Kitty Chrystal, 『COOKED POETS SOCIETY』

13646964_10154407134137082_380211159_o

▶︎ほかにもZINEをみる

新進気鋭のクリエイターが集まるオンライン・アートジン『Don’t Get Culty』

毎号「たった1人のインタビュー」のみ。ベルリン発・カルチャーマガジンの最高峰『mono.kultur(モノカルチャー)』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

密室「ラブホ」で撮る。日常と乖離したハコで外国人フォトグラファーは何を見た?写真集『Japanese Whispers』

フィデル・カストロのキューバ「最後の7日間」。偶然のストリートフォトグラフは言葉より饒舌に語る

—–
Images Via kitty Chrystal
Interviewed by Noemi Minami, Text by HEAPS

Pocket

13844222_10154407094502082_1137389192_o (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...