ジム通いのみんな、「チキンレッグ・シンドローム」になってない? 今週はワークアウト・スラング!/ Urban English

Share
Tweet

あなたのSNSにも流れてくる、健康オタクの「welfie(ウェルフィー)」って?
今回は、ジムで使える英単語4つ紹介!

第1問
beefcake(ビーフケーク)

1. ぽっこりお腹
2. 筋肉隆々の男
3. 毎朝ジム通いの男

shutterstock_342163571

正解は、2「筋肉隆々の男」

Look at that beefcake! He is still looking himself in a mirror.
あのムキムキ男見ろよ!まだ鏡で自分の姿に見とれているぜ。

第2問
thigh gap(サイ・ギャップ)

1. 腹筋が割れていること
2. 全然痩せないこと
3. 脚が細いこと

shutterstock_419968411

正解は、3「脚が細いこと」

足を閉じて立ったとき、太もも(thigh)と太ももの間にスペースが開くことから。

Yay, I almost get thigh gap!
やった、あともう少しで脚が細くなるわ!

第3問
welfie(ウェルフィー)

1. ワークアウト姿を自撮り
2. ジム仲間
3. プロテインドリンク

shutterstock_216930127

正解は、1「ワークアウト姿を自撮り」

I am so fed up with seeing all those welfies on my instagram!
インスタでよくある、“ワークアウトしている”自撮りには、飽き飽きしているよ!

第4問
chicken leg syndrome(チキンレッグ・シンドローム)

1. ジムに入会したのに一度も行かないこと
2. 脚だけガリガリなこと
3. ジムトレーナーと恋に落ちること

shutterstock_462635962

正解は、2「脚だけガリガリなこと」

He is so ripped but has a chicken leg syndrome.
彼、上半身はマッチョなのに、脚だけガリガリなんだ。

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load