DAILY
  •      
  • Oct 19, 2016
さらばオバマ!彼の口癖「wee-wee’d up(ウィー・ウィード・アップ)」ってなんて意味?/ Urban English
Pocket

世界中が注目する大統領選ももう間近。知っていると楽しめる、「アメリカの政治・選挙」に関する英単語を4つ紹介。

第1問
Swing State (スウィング・ステイツ)

1. ニューヨーク州
2. 民主党・共和党に分かれがちの州
3. ドナルド・トランプ支援者が多い州

shutterstock_431902315

正解は、2「民主党・共和党に分かれがちの州」

Winning Ohio, one of the Swing States is going to be crucial for the election.
激戦州のオハイオを取ることが選挙の勝敗を決める鍵になるだろう。

第2問
smear campaign (スミア・キャンペーン)

1. 大金を使ったキャンペーン
2. 有名人を起用したキャンペーン
3. 中傷キャンペーン

shutterstock_461048545

正解は、3「中傷キャンペーン」

Do you remember that smear campaign against John McCain by Bush?
ブッシュ陣営によるマケインへの中傷キャンペーン、覚えている?

第3問
wee-wee’d up(ウィー・ウィード・アップ)

1. バーニー・サンダース
2. 茶番劇
3. とてもイライラする

shutterstock_492642466

正解は、3「とてもイライラする」 (オバマが好きな言い回し)

I had no idea what Obama meant when he said “wee-wee’d up”!
オバマが「ウィー・ウィード・アップ」って言ったとき、なんのことかわからなかった!

第4問
flip-flopping (フリップ・フロッピング)

1. 意見をころころ変える
2. 卑怯なやり方をする
3. 演説上手

shutterstock_256701235

正解は、1「 意見をころころ変える」

Trump at the debate last night was flip-flopping. It wouldn’t surprise me though.
昨晩の討論会でトランプはまた意見をころころ変えていたね。まあもう驚かないけど。

———————–

Eye catch photo by yellowpixel / Shutterstock.com

▶︎あなたにオススメ関連記事

噂好きはついやっちゃう「spill the beans(スピル・ザ・ビーンズ)」/Urban English

あの“政治家”のために。ブルックリンの若者たちは「選挙活動もD.I.Y.精神」だ!

▶︎▶︎週間トップ人気記事

最新のクラフトフィルムは「和紙」!ザラザラ感がたまらない。和紙を使ったモノクロネガ「W」で仕上がる写真がこれだ

“レバノンのバンクシー(23)”は「政治まみれのストリートを破壊したい」。 内戦で崩壊した中東ベイルートを再建するグラフィティの力

Pocket

eye
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...