展示期間の7ヶ月は、作家と鑑賞者のための“休日”にしよう。中国人アーティストの北京個展『今日が休日になった』

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、中国・北京にあるコンテンポラリー美術館「ロング・マーチ・スペース」で開催されている『Wu Shanzhuan: Today Became a Holiday』。同館今年初開催となる展覧会で、1960年生まれの中国人アーティスト、ウー・シャンジュアンによる個展である。彼の作品は絵画やインスタレーションを中心としたもので、特に中国の歴史や現代のマスメディアに対する批判的な視点でもって描かれていることが多い。

『Today Became a Holiday(今日が休日になった)』という特徴的なタイトルの個展では、シャンジュアンの200を超える作品たちが彼の活動拠点であるドイツのハンブルク、アイスランドのレイキャビク、中国の上海から7回にわたって同館へ届けられた。展示期間は今年10月までの7ヶ月(今年3月から開催スタート)。この7ヶ月をシャンジュアンは“休日”と呼ぶ。そしてこの3つの場所から届いた作品たちを、“贈りもの”と考える。代り映えのない日常や、目まぐるしく過ぎ去っていく多忙な現代人の毎日。シャンジュアンの展覧会は、燃え尽き症候群に陥る者に与える“休日”であり、作品たちは彼らの心と体を癒す治療薬のような“贈りもの”。現代人、すなわち鑑賞者の今日を、特別な「休日」にしてくれる。


Wu Shanzhuan,Today Became a Holiday 14052018, 2018,
Acrylic on canvas, 180 x 150 cm

Wu Shanzhuan,Flatevent Butterfrog, 2017, Acrylic on canvas, 140 x 140

Wu Shanzhuan, Quote! Quote! Quote!, 2018, Acrylic on canvas, 150 x120 cm

Wu Shanzhuan, Today is a Section of All Todays that have Passed, 2018, Acrylic on canvas, 160 x 120 cm

Inga Svala Thorsdottir & Wu Shanzhuan, Perfect Brackets ×The Cardioid, 2018, Acrylic on canvas, 240 x 400.5 cm

Wu Shanzhuan, People Cleaning the Perspective, 2015, Acrylic on canvas, Total:Composed of 3 panels, each 200 x 140 cm

Wu Shanzhuan, White Cabbage Three Cents a Jin, 1985– 2005, Paint on canvas, 100 x 100 cm

Wu Shanzhuan, Deficit Revolutionary Committee, 1985– 2005, Paint on canvas, 200 x 200 cm

Text by Risa Akita
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load