〈ピンクの服の歴史〉〜19世紀のコルセット、20年代のドレス、グッチ、プーマのウェア。“桃色”を着倒す、袖通す

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ニューヨークの名門ファッション大学「FIT(Fashion Institute of Technology、ファッション工科大)」内にあるミュージアムで開催中の展覧会「Pink: The History of a Punk, Pretty, Powerful Color」。18世紀から現代までの、ファッション文化における“ピンク”を探求する。同展では、19世紀のコルセットから、1920年代のイブニングドレス、クリスチャン・ディオールやグッチ、イヴ・サンローラン、コム・デ・ギャルソンといったデザイナーの逸品、プーマやフーディなどカジュアルウェアの服、反トランプデモで女性たちが編んだプッシーハットまでも展示。鑑賞者に、服におけるピンクをたのしませるだけでなく、ピンクという色につきまとう“ソフト”“女性らしい”“子どもっぽい”といった常套のイメージにも疑問を呈す機会を与えてくれる。


Group of 1920s evening dresses.


Dress, 18th century, Museum Purchase.

Charles James, dress, 1937, USA, gift of Mrs. John Hammond.

Courrèges, coat, 1967, France, gift of Mrs. Phillip Schwartz.

Corset, 1880s, USA, Museum Purchase.

Robert, evening gown, 1910-1914, France, Museum Purchase.

Elsa Schiaparelli, gown, Summer 1937, Museum Purchase.

Zandra Rhodes, ensemble, 1978, England, Museum Purchase.

Evening dress, circa 1954, USA, Gift of Virginia Pope.

Baby The Stars Shine Bright, ensemble, 2009, Japan, museum purchase.

Comme des Garçons, ensemble, “18th-Century Punk” Collection, Fall/Winter 2016, Japan, museum purchase.

Gucci, dress, Spring 2016, Italy, Gift of Gucci.

Céline, dress, Spring 2017, France; Gift of Céline.

Comme des Garçons, ensemble, Fall 2016, “18th-Century Punk” Collection, Fall/Winter 2016, Japan, museum purchase.

Christian Dior, dress, 1960, France, museum purchase.

Comme des Garçons, ensemble, Spring 2018, Japan, museum purchase.

Jil Sander, suit, 2011, Germany, museum purchase.

Anita Holmquist, Pussyhat, 2017, USA, Gift of Colleen Hill.

Azzedine Alaïa, evening gown, 1990s, France, museum purchase.

Sweatshirt, featuring photo of Cam’ron wearing pink fur, circa 2003, anonymous donor.

Puma x Fenty, ensemble, Spring 2017, Germany, Gift of Puma.








Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load