1978年、ニューヨーク、街のみんなと公園。混沌の年にも存在した美しいひと夏のドキュメント

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、瑞々しい夏の記憶を一足早く呼び覚ましてくれる写真展「1978: The NYC Parks/New York Times Photo Project」。1978年のニューヨーク。市政は混沌とし、街はグラフィティと犯罪で塗られ、公園や公共プールは荒廃していた。ニューヨークヤンキースがワールドシリーズで優勝したことが数少ない明るいニュースだったが。ニューヨークタイムズ、デイリーニュース、ニューヨークポストのスタッフたちがストをおこしている最中、ニューヨークタイムズのフォトグラファー8人が任務を託された。それは、公園を楽しむ市民の姿。これは、混沌と空虚の街のなかでも、夏の太陽を体いっぱいに享受する日常の民のドキュメントだ。

33 Kids on Jungle Gym Small
Kids on Jungle Gym, Possibly Flushing Meadows Corona Park, Queens, 1978, Gary Settle, NYC Parks Photo Archive, NYT1059
37 Salvaging Picnic Table FinalSmall_NYC Parks
Family Salvages Picnic Table, Unknown Park, 1978, Ed Hausner, NYC Parks Photo Archive, NYT0363
46 Abandoned Diving AreaSmall
Boy at Abandoned Diving Area, Red Hook Pool, Brooklyn, 1978, Paul Hosefros, NYC Parks Photo Archive, NYT1828
18 Woman in Uniphere Fountain small
Woman at Unisphere, Flushing Meadows Corona Park, Queens, 1978, Gary Settle, NYC Parks Photo Archive, NYT2429

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load