嘘発見器、尋問ブース、プロファイリング「あなたはスパイになれるか」最新テック搭載の新・体験型スパイミュージアム

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ニューヨークに今年2月にオープンしたばかりの“スパイ”がテーマのミュージアム「SPYSCAPE(スパイスケープ)」。コンセプトは「コンテンポラリーミュージアム+没頭体験+個人探求」。来館者は、暗号解読者から、敵のスパイのスパイ、CIAのウェブサイトをハッキングしたティーンまでのスパイに関するストーリーやキャラクターについて学べるほか、嘘発見器や尋問ブース、特殊作戦隊のレーザートンネル、メッセージの暗号化などでスパイとしてのスキルチェック、元MI6(英秘密情報部)訓練所長の協力により開発されたプロファイリングシステムを使用してのスパイ診断。自分の内に眠る、リスクへの耐久性や知能、洞察力などの能力を発見できる。また、最新テクノロジーを搭載しているのもこのミュージアムの特徴。RFIDと呼ばれるタグに記憶された個別情報を無線通信によって読み書きできるテクノロジーを用いて、来館者の体験をパーソナライズできるという。

SFrances_180207_0151_C_TalentOpt
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0311_A
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0232_A
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0175_A
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0255_A
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0081_C
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0034_C
Scott Frances for SPYSCAPE
SFrances_180207_0360_C_TalentOpt
Scott Frances for SPYSCAPE

▶︎SPYSCAPE

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load