サッカー、ゴルフゲームからWiiボウリングまで。〈スポーツとビデオゲームの熱きタッグ〉の60年をプレイバックする

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ニューヨーク・クイーンズ区にある映像博物館「ミュージアム・オブ・ザ・ムービング・イメージ」で開催中の「A Whole Different Ball Game: Playing Through 60 Years of Sports Video Games(ア・ホール・ディファレント・ボール・ゲーム)」。スポーツビデオゲームの60年の歩みを回顧するユニークな展覧会だ。

スポーツとビデオゲームの歴史をたどると、1958年に開発されたコンピーターゲーム「Tennis for Two(テニス・フォー・ツー)」がある。米物理学者ウィリアム・ヒギンボーサムによって開発されたテニスの対戦ゲームで、初期のコンピューターゲームの一つでもある。
その後60年、スポーツビデオゲームは進化を遂げてきた。ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)やナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、FIFAなどのプロスポーツリーグもビデオゲーム業界とタッグ。ビデオゲーム開発において、ルールづくりから選手名簿、視覚的体験までをアドバイスしているという。

展覧会では、これまでに世をたのしませてきた40以上のスポーツゲームをキュレート。任天堂が開発した家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」ボウリングやゴルフゲーム、近年リバイバルしたアーケード、ホッケービデオゲームを体感できる。また最近では「eスポーツ」としてビデオゲーム自体がスポーツにもなっている。そんな60年間のスポーツビデオゲーム史の変遷を展覧会を通してプレイバックしてみよう。



Credit: Museum of the Moving Image

Credit: Sachyn Mital, for Museum of the Moving Image

Credit: Sachyn Mital, for Museum of the Moving Image.

Credit: Sachyn Mital, for Museum of the Moving Image.

Credit: Sachyn Mital / Museum of the Moving Image.

Credit: Sachyn Mital, for Museum of the Moving Image.

Credit: Sachyn Mital / Museum of the Moving Image

Credit: Sachyn Mital, for Museum of the Moving Image.

Credit: Ben Helmer / Museum of the Moving Image

Credit: Photo: Sachyn Mital / Museum of the Moving Image

Credit: Photo: Sachyn Mital / Museum of the Moving Image

Credit: Thanassi Karageorgiou / Museum of the Moving Image.

Credit: Museum of the Moving Image

Credit: Museum of the Moving Image

Credit: Museum of the Moving Image

TENNIS FOR TWO on view at Brookhaven National Laboratory in 1958.
Credit: Brookhaven National Laboratory

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load