観る者の数だけ捉え方がある。「ゆるりとシュールな現代版ポップ風刺画」ブライアン・レオの捻りのきいたアートたち

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今週紹介するエキシビションは、ニューヨークのThe Living Galleryで開催中の『Brian Leo: Winners Are The New Losers, Part III』。以前HEAPSでフィーチャーしたアーティスト、ブライアン・レオの個展だ。一見すると、ポップでカラフルでアイキャッチなイラストだが、そこには“現代が抱える社会問題”や“環境問題”などのメッセージも含まれていたり。ゆるりとシュールな現代版風刺画といったところ? ソファに座るゾウに、重なるシロクマ…どんな意味があるのか自分なりに考えてみるのもおもしろい。展示は4月10日まで。

Brian Leo_ Elephant On Couch_20 inx20in_acrylic on canvas_2017_$1500
Elephant on Couch
Brian Leo_ Ice Breaker_12 inx12in_acrylic on canvas_2017_$500
Ice Breaker
Brian Leo_ Polar Bears_12 inx12in_acrylic on canvas_2017_$500
Polar Bears
Brian Leo_James Franco_12inx12in_acryliconcanvas_2018_$500
James Franco
Brian Leo_WM_12inx12in_acryliconcanvas_2018_$500
MW

▶︎Brian Leo: Winners Are The New Losers, Part III

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load