SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/観る者の数だけ捉え方がある。「ゆるりとシュールな現代版ポップ風刺画」ブライアン・レオの捻りのきいたアートたち

Pocket

世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。

今週紹介するエキシビションは、ニューヨークのThe Living Galleryで開催中の『Brian Leo: Winners Are The New Losers, Part III』。以前HEAPSでフィーチャーしたアーティスト、ブライアン・レオの個展だ。一見すると、ポップでカラフルでアイキャッチなイラストだが、そこには“現代が抱える社会問題”や“環境問題”などのメッセージも含まれていたり。ゆるりとシュールな現代版風刺画といったところ? ソファに座るゾウに、重なるシロクマ…どんな意味があるのか自分なりに考えてみるのもおもしろい。展示は4月10日まで。

Brian Leo_ Elephant On Couch_20 inx20in_acrylic on canvas_2017_$1500
Elephant on Couch
Brian Leo_ Ice Breaker_12 inx12in_acrylic on canvas_2017_$500
Ice Breaker
Brian Leo_ Polar Bears_12 inx12in_acrylic on canvas_2017_$500
Polar Bears
Brian Leo_James Franco_12inx12in_acryliconcanvas_2018_$500
James Franco
Brian Leo_WM_12inx12in_acryliconcanvas_2018_$500
MW

▶︎Brian Leo: Winners Are The New Losers, Part III

▶︎もっとARTを鑑賞する

「未完成なアラーキー」鬼才写真家と半世紀ぶんの花びら、縛り、西瓜、女体、まぐわい、生死

「デヴィッド・ボウイという名のパズルを完成させて」名曲生まれた歌詞メモ、イギー描いた油絵、ツアー衣装。“アイコンの私的な400ピース”

▶︎▶︎週間トップ人気記事

本人への取材一切せず傑作記事を仕立てる。現実を演出する文豪ゲイ・タリーズの「ニュージャーナリズムの巧み」

ノーメンテナンスで気持ちよくやろう(女史のダラダラセット「白パン・ドライシャンプー・安アイス・袋ラーメン、他」)

Pocket

Brian Leo_ Elephant On Couch_20 inx20in_acrylic on canvas_2017_$1500のコピー2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...