若手ファッションデザイナーが初キュレート。空間・音楽・映像etc 先輩アーティストの才も集めた「ブラックカルチャー展」

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ロンドンのど真ん中のギャラリーで本日まで開催している展覧会、「A TIME FOR NEW DREAMS」。新進気鋭の若手ファッションデザイナー、グレース・ウェールズ・ボナーがキュレーションした初の展覧会となった。

グレースは2014年にファッションの名門、セントラルセントマーチンズを卒業したばかりのロンドンっ子。いま最注目のメンズウェアファッションデザイナーだ。母親は白人で、父親はジャマイカ出身のアフリカ系。デザイナーである彼女にとってファッションとは、アイデンティティや自己表現の手段だという。早い段階から自分のアイデンティティについて深く思考を重ねたたためか、彼女のデザインプロセスは密接に彼女のバックグラウンドに結びついている。今回の展示は、そんな彼女の文化的なインプットの積み重ねの成果でもある。

彼女自身がキュレーションした今回の展示は、彼女自身の制作した作品も含んでいるが、チーノ・アモービやリズ・ジョンソン・アルトゥール、ロティーマ・ファニ・カヨデ、サハラ砂漠南縁部のサヘル諸国の音楽にフォーカスしているレーベル「サヘル・サウンド」、アフリカ系フィルムメーカーコレクティブ「ブラック・オーディオ・フィルム・コレクティブ」など、彼女が尊敬してやまない先輩アフリカ系アーティストたちの作品も多くフィーチャーしている。また展覧会タイトルは、ナイジェリアの詩人で作家、ベン・オクリのエッセイから。ビジュアルイメージや文学、建築、音楽、映像などの幅広い表現者たちからインスピレーションを受けていることがうかがえる。

展示のフォーカスのひとつである“聖堂(シュライン)”にまつわるサイトスペシフィックな作品や、ギャラリーで起きる”ハプニング”と呼ばれる形式のアートパフォーマンスによって構成されたこの展示は、鑑賞者をロンドンの中心部からどこか異世界へと連れて行ったことだろう。


Liz Johnson Artur
There is only one…one 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Liz Johnson Artur
There is only one…one (Detail) 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Grace Wales Bonner
Shrine I 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Grace Wales Bonner
Shrine I 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Rashid Johnson
Untitled (daybed 1) 2012
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Eric N. Mack
Capital Heights (via stretch) 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams. (Installation view, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries).
© 2019 readsreads.info


Kapwani Kiwanga Flowers for Africa 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries
© 2019 readsreads.info


Grace Wales Bonner
Shrine II 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries
© 2019 readsreads.info


Rashid Johnson
Untitled (daybed 1) 2012
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries
© 2019 readsreads.info


Eric N. Mack
A Lesson in Perspective 2017
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries
© 2019 readsreads.info


Rotimi Fani-Kayode
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries
© 2019 readsreads.info


Kapwani Kiwanga
Flowers for Africa, 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams (Installation view, 18 January – 16 February 2019, Serpentine Galleries)
© 2019 readsreads.info


Laraaji
Transformation 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries,
© 2019 readsreads.info


Laraaji, Transformation 2019
Grace Wales Bonner: A Time for New Dreams, 18 January – 17 March 2019, Serpentine Galleries
© 2019 Harry Richards Photography


Darkroom Mirror (_2150782), 2018.
Copyright Paul Mpagi Sepuya.
Courtesy the Artist


Salagram Sharma in Malik SS16, Udaipur.
Photograph by Harley Weir


Malik VI


Grace Wales Bonner
Ebonics meet the wrestlers
Photograph by Harley Weir


Grace Wales Bonner
Spirituals II
Photograph by Jamie Morgan


Grace Wales Bonner
SS19
Photograph by Harley-Weir


Grace Wales Bonner
The love in which I wash
Photograph by Harley Weir


Grace Wales Bonner
The love in which I wash
Photograph by Harley Weir

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load