DAILY
  •      
  • May 30, 2017
次世代イノベーターたちに贈る“遊び”。エネルギーを体で覚えるハイテク・トイ「Qmod」
Pocket

最近ではロボットがコーヒーを淹れてくれるバリスタ不在のコーヒーショップがサンフランシスコにできたり、配車サービス・ウーバーが2020年までに空飛ぶタクシーの試験飛行を目指すと発表したり。どこもかしこも、なんでもかんでも「ハイテク化」が進む現代だ。

ともなって子どもの“おもちゃ”の進化もすごい。“テックトイ”や“スマートトイ”、日本では“ハイテクおもちゃ”とも呼ばれ、近年、おもちゃ市場を牽引し売上げも年々増加しているのだとか。

5d2c34642550985ccc32fd6c43e60ca9_original

「次世代のイノベーターをインスパイアするテックトイ」を合言葉にオランダのテックカンパニーQmod(キュモド)が発明したのが、「エネルギー」を遊んで学べるおもちゃ「キュモド・エナジー・キット(Qmod Energy Kit)」。テックトイと聞くと、流線型の最先端ガジェットを想像してしまうが、ポップで手のひらサイズと可愛い見た目のキュモド。

「『理科の授業で習う“エネルギー科学”が複雑すぎてわからない!』という子どもたちのために作ったんだ」。「理科嫌い」を助けるための遊び方(学び方)はとてもシンプルだ。

1. 付属のリード付きミノムシクリップ(理科の実験でもおなじみの)を用いて、自分の見回りにあるもの(植物や発電機、ソーラーパネル、廃棄物など)にくっつける
2. たっぷり充電
3. 充電したキットを発光ダイオードやモーターに接続し電気を流して、起動させる

70b21f0277a0737bb89bd0807c75f982_original (1)

「へえ、こんなモノからもエネルギーが発生しているんだ」「エネルギーって循環してリサイクルもできるんだね」と、頭でただ記憶するのではなく身をもって体験し、サステナビリティのことまで考えることもできる。また基本的な電気科学について学べるカードゲームも付属するため、家庭だけでなく学校の授業でも重宝されそうだ。

85aece0817bd5bb31edde398fd1b837f_original

 遊びと学びの境界線を取っぱらい、学びを意識せず遊び(学び)に没頭させ、結果的に学ばせる「キュモド」。クリーンエネルギーやエネルギーのリサイクルがますます必要となってくる近未来、こういったハイテクおもちゃが、エコ、サステナブルが自然に身につく未来の大人を育てるのに一役買いそうだ。

Qmod

▶︎オススメ記事

テック界のエキスパートらが農業に参入。裏づけられた「アーバン・ファーミング」の必要性と可能性

「現代っ子のデスクおもちゃ」誕生。落ち着きのない同僚にあげたいデスクトイ「Fidget Cube(フィジット・キューブ)」

▶︎▶︎週間トップ人気記事

ラクダでサハラ砂漠横断、タイの三輪タクシーにクルーズ…「30年越しでブームの兆し」なあのツーリズムのこと、知ってる?

インスタントカメラで撮った45年。NYC路上の名物カメラマン、ルイス・メンデス「スナップフォトの哲学」

—————
All images via Qmod
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...