DAILY
  •      
  • Jun 27, 2017
平成ガールが作る「マリファナの名刺」登場。「ヘンプ(麻)・メイド」のビジネスカードで、忘れられない出会いを
Pocket

依然として日本では悪者扱いされている「大麻(草)」だが。実のところ、老若男女問わずとても身近な植物だって知ってた?

detail_2772_1495662425

初詣の神社でお賽銭するときに揺らす鈴緒(すずのお)、宮司さんが用いるお祓い具、伊勢神宮の神札(おふだ)、それから横綱のしめなわの芯にも大麻草(ヘンプ)の繊維が使われている。我々日本人は古くから穢(けが)れを祓い清めるツール成長祈願、魔除けとして大麻を用いてきた。一本の草から医療や食品、化粧品、建材など余すところなくあらゆる使い道があることから非常にサステナブルであり、エシカルな素材なのだ。

detail_2772_1495370286
detail_2772_1495371290

「古来から日本に続く麻文化を知ってもらい、日本の伝統、生活、地球環境におけるヘンプの有用性を世の中に拡げていきたい」と森田麻美(まみ)さん、希少な国産のヘンプで作られる「麻の名刺」を作る。昨今、米国を中心にマリファナプロダクトが湧くように生まれるなか、ついに日本にも大麻関連のプロダクトが登場だ。

 ヘンプ製品ブランド「ASAFUKU(麻福)」との協業で作られるヘンプ名刺、“麻を使ってみました”という話題性だけが先行しそうだが、注目すべきは最高級の品質。

detail_2772_1495374788

 この光り輝く繊維が麻の表皮部分である「精麻(せいま)」。収穫した麻の茎を干して、煮て、発酵させた後に表皮の繊維部分を剥ぎ、泥などの不純物を削ぎ落とし作られるもので、この製法は世界でも唯一日本が誇る麻加工技術だ。ヘンプ名刺では、その精麻製作過程で生じる「麻垢(オアカ)」と呼ばれる繊維クズを用いている。麻繊維は天然素材の中でもっとも強靭な素材といわれているだけあり、とても丈夫で長持ちするのも特徴だ。

detail_2772_1495375681
detail_2772_1495401626
detail_2772_1495663522

「ダメ、ゼッタイ」のイメージに隠れてしまい、意外と知られていなかった日本人と大麻の歴史。ヘンプ名刺が麻の伝統を知るだけでなく、日本にべったりとこびりつく大麻に対するネガティブイメージをごそっと落としてくれるかもしれない。名刺交換で「これ実は大麻で作られた名刺なんです」と一言添えれば、あなたのことは忘れまい。

詳しくはコチラから。

▶︎オススメ記事

「マリファナの家」誕生。究極の“グリーン”なサステナブルハウスは「大麻で壁つくりました」

「ステッカーは絶対に廃れない」。AppleやNASAにも選ばれる、ステッカービジネスを仕掛けた男の思惑

▶︎▶︎週間トップ人気記事

世界の政治家が取るビジュアル戦略。あの大統領候補・首相たちが実際に行った「アイキャッチング・アピール」たち

「新しい服を作るのに、新しい生地は要らない」。古着ジーンズだけで服を生むNOORISMが引き出すジーンズ・真の可能性

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...