「100億本も無謀じゃない」若者、トランプ大統領を利用。ハッシュタグで世界規模の森林再生が成長中
Pocket

大統領の尻拭いをはじめた若者たち。#ハッシュタグではじまる“賢い森林(世界規模)の育て方”

トランプタワー、トランプステーキ、トランプカジノ…。
かかわる事業のほとんどに自分の名前を付けてきたドナルド・トランプ米大統領。そんな彼の果てしない自己顕示欲を皮肉った、ハッシュタグ・アクティビズム「トランプフォーレスト(#TRUMPFOREST、Make Earth Great Again.)」。これは、世界中に広がる森林再生プロジェクトだ。

geran-de-klerk-216686
Photo by Geran de Klerk

あ、プロジェクト名に「トランプ」って彼の名前をつけてあげればいいのか!

「別にいいじゃん!二酸化炭素くらい出したってさー」と言わんばかりのトランプ氏率いる米国政権。「どうやったらトランプ氏に、中学生で習うような基礎的な気候科学を受け入れてもらえるのかを考えました

 世界的な森林再生プロジェクトトランプフォーレストを立ち上げたのは、アメリカ、ではなく、ニュージーランド在住の20代の3人組。気候科学者のダニエル・プライス、と、エシカル帽子ブランド「オフカット・キャップス(Offcut Caps)」の創業者エイドリアン・タイラー、ジェフ・ウィルスだ。彼らは、「いま、世界でもっともパワフルな権力者の一人であるトランプ氏*は、残念ながら、気候科学を理解されていないようで」と語る。

051A2480

 
*トランプ氏は米国石炭産業の地域の支持者に、彼らの仕事を戻すと公約していたため、オバマ政権の気候変動対策による二酸化炭素ガス排出量の規定を撤廃すると主張し続けていた。そして今年3月、トランプ氏はついに、それらに関する大統領令に署名。

 地球温暖化の原因となっているガスには様々なものがるが、二酸化炭素はもっとも温暖化への影響が大きいガスである。どうやったらトランプ氏に伝えられるか…。導き出した答えは、「プロジェクトの名前に彼の名前をつけてあげること」。これなら、トランプ氏も少しは森林に興味を持ってくれるのではないか、という目論見(というか皮肉)だ。

大統領の「無知さ」が育てる森、世界中に広がれ

「トランプフォーレスト」が目指すのは森林再生。気候科学者のダニエルはその重要性をこう説明する。

「このままトランプ氏の政策が実行されれば、試算では少なくとも、2025年までにCO2排出量を650メガトンは相殺しなければならないでしょう。そのためには、ざっと見積もって100億本の新しい木が必要です」。100億本という途方もない数も「みんなで力を合わせれば可能です」と前向きだ。そのために、トランプフォーレストがある。
  
 参加方法は主に3つ。

⑴ 自分で苗木を買って植える。
⑵ 地元、もしくは自国の森林再生団体に寄付をする。
⑶ トランプフォーレストが提携する森林再生団体「The Eden Reforestation Projects」に寄付をする。

⑴と⑵の場合は、払った金額がわかるレシートを提出すれば、彼らの「森林再生ワールドマップ」に加えてもらえるそうだ。

Screen Shot 2017-09-28 at 16.10.43
これが森林再生ワールドマップ。

 今年4月に発足し、最初の月は1万5000本、それが7月末までに5万本になり、8月末には39万本を越えている急成長をみせている。参加者の数は世界各国から1320人以上。「大企業がスポンサーになってくれれば、もっと本数を増やすことが可能だと思います」。ちなみに彼らの森林再生ワールドマップによると、日本からも2名の参加者(8月25日時点)が。東京都と大阪府からだ。

Screen Shot 2017-09-28 at 16.11.27
9月28日現在。増えている!

ハッシュタグ・アクティビズムという現代の D.I.Y.スピリット

「#(ハッシュタグ)」はSNSと相性がいい。つまり、ツイッター好きで知られる(本人は否定しているが)トランプ氏とも相性が良さそうだ。そんなわけで、トランプ氏が自分の名前のついた森林再生プロジェクトにどう反応するのかにも注目が集まっている。

 3人はこう話す。「トランプ氏がこの自らの名前がついた森林を好きになってくれたら僕らは嬉しいですよ。トランプフォーレストについて、いつツイートしてくれるのか、待ち遠しいですね」(エイドリアン)

「僕らがやっていることって、要はトランプ氏の尻拭いですから。彼が排出した二酸化炭素のお掃除なんで。言い方を変えれば、僕らは彼のために働いているようなもの。なので、もし彼が、トランプタワーやトランプウォッカをつくったように、この事業のオーナーシップをお金で買いたいということでしたら、僕らは喜んでお渡ししますよ。ご連絡お待ちしております」(ダニエル)

 活動の根底にあるのは「国や大企業に頼らずとも、僕ら一人ひとりが声を上げ行動し、自分たちで革命を起こそう」という力強い D.I.Y.スピリットだ。

米国大統領という世界屈指の権力者が、気候や科学について驚くほど無知だったとしても、僕らは同じ地球に生きている以上、地球温暖化という人類共通の課題から目を背けるわけにはいきません。というか、彼の衝撃的な無知さのおかげで、より多くの市民が地球温暖化の深刻さに気づき、アクションを起こすようになったとすれば、それはそれで、結果オーライだったりするんですけどね

Trump Forest
Screen Shot 2017-09-28 at 17.18.00

▶︎オススメ記事

“違法レストランだらけの日”に学ぶ、市民主導のユートピア

21世紀のパンクスは、ゴミに中指を突き立てる。

▶︎▶︎週間トップ人気記事

「ただ机と空間をシェアするコワーキングではなく」27歳発、WeWorkと一味違う“社交クラブ的”コワーキング

彫刻のお尻を見る”ツアー?美術館ツアー企画集団の「ミレニアルズが絶対に来たくなる変わりダネ企画」

Photos Via Trumpforest, Eyecatch image by Afrah
Text by Chiyo Yamauchi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

afrah-158939
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...