DAILY
  •      
  • Jun 6, 2017
ブロック遊びのごとく誰でもできる「都市設計キット」で、“頭の中の理想都市”を自在に再現してみよう
Pocket

シムシティ(*)の世界だけだと思っていた。頭のなかに思い描いた“理想都市”を、誰でも簡単に作りあげることができるなんて。

*リアルタイム都市経営シミュレーションゲームシリーズ。プレイヤーは市長となって、住宅地・商業用地・工業用地の土地区画や、電力や水道などの公共施設、道路や鉄道などの交通網をうまく配置して、さまざまな問題に対処しながら都市を発展させてゆく。

9edccd69a3867101bd453650f046dc2b_original

 ピンクに黄色、水色のパステルカラーが鮮やかなフォルムも可愛いブロックたち。一見、お城が作れそうな子どものおもちゃに見えるが、実はこれ、ずぶの素人から子ども、そしてプロの設計士まで、万人が対象の都市設計模型「Arckit(アークキット)」という。

「都市模型」と聞くと、いやあ建築のケの字も知らない…なんて持つ前から匙を投げそうだが、ご安心を。アークキットは、専門的なノウハウや込みいった知識は一切不要。必要なのは「自由な都市アイデア」のみ、と潔い。従来の建築模型に必要な接着剤や工具も一切必要ない。

4e7fa58407e07f27dfadc2c77abdae59_original
8bd9edd2f028fa01e7c41e4579cd96ec_original

アークキットは、まさにみんなで都市計画を考えられるツール。我々が将来に必要な理想的な環境を一緒に作りあげていくことができます」と、建築家でアークキット開発者のダミアン・マーター(Damien Murtagh)。

4b4e09b09955625f92d0422cd91e500c_originald98d4511d3499d3f9b0ae4786a883d6e_original

 組み立て方はいとも簡単、「ブロックを組み合わせるだけ」。子どもたちがレゴのような遊び感覚でお家やお店を作ることもできれば、プロの都市設計家が、昔ながらの模型や3Dドローイングにかかる時間を節約しフレッシュなアイデアをプレゼンできたりもする。

上級者向けモデルでは、こんなものから、こんなものまで。

1eaaab444693a171eecaf24fd43c3244_original
64105adcefa2386e87b30873b0114004_original
0ad29eaabd37962a3b67636bc0b1e68a_original (1)
59c6e7a77adbde0c4dd65a94d528d453_original
afcb0660be0407f2289efd65604fc4f6_original

これは子どもが手がけた都市設計。

8f09131000df5015fe86e984c48959cf_original
273e2e1f61f252abef6d719a2418be37_original

 近い将来、現在の都市を改良、あるいは一から作りあげていくのはいまの子どもたちだ。遊んでいるだけで知らずのうちにアーバンプランニング。我が子が遊びおわったアークキットに未来の理想都市の原型があった、なんてことがあるかもしれない。

Arckit

▶︎オススメ記事

“勝手にしやがれ!” 最先端「都市生活様式」はタクティカル・アーバニズム

次世代イノベーターたちに贈る“遊び”。エネルギーを体で覚えるハイテク・トイ「Qmod」

▶︎▶︎週間トップ人気記事

アンダーグラウンドに生きた「ソビエトのヒッピーたち」。自由なき国家で形成された“見えない”ヒッピー・ネットワークの実態

“隠れシャーマン”が増加中。若い女性が続々崇拝、ヨガの次にきている「シャーマン教」って?

—————
All images via Arckit
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

eye
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...