【今週のZINE】ある男の「俺のポケットの中身」。超パーソナルなイラスト・ジン『Things I’ve Found In My Pockets』

Share
Tweet

久しく着ていない服に袖を通すと「あれ、なんか入っている」ってことしばしばありますよね。
思わぬ1000円札(くしゃくしゃの)を見つけた日なんて1日ハッピー。ある時は人には見せられない恥ずかしいものだって。ちなみに筆者はつい先日、久しぶりに袖を通した服のポケットに半年前の「違反キップ」が入っていました。あーあ。

icm_fullxfull.98741379_7erq5fz9818okwgsc0c4

 ふと忘れていた過去を追憶するきっかけになるし、持ち主の日常を表しさえする。小さなポケットには思いがけない多くのものが詰まっているものだ。

『Things I’ve Found In My Pockets(シングス・アイブ・ファウンド・イン・マイ・ポケット、ポケットの中に見つけたもの)』は、その名の通り、自身のこれまでに見つけた、奇妙で愉快な「ポケットの中身」を描いたイラストレーションジンだ。作者はオーストラリア在住のJesse Anderson(ジェシー・アンダーソン)。

icm_fullxfull.94690280_avyc4da05igocko08gwc

 ジェシーのポケットの中には、3年前に訪れたとき持って帰ってきた日本のコインや正体不明の鍵、小さい鉛筆が。え、噛んだガムも。

「ただただ、ミニマルでシンプルなものをみんなに楽しんでもらいたかった」との思いから生まれたジンは、この男のリアルでパーソナルなポケットの中身が至極シンプルなイラストと一文のみで綴られている。
 しかもこのジン、ポケットの中で忘れ去られてしまいそうなほど小さな小さな手の平サイズジンなのだ。

icm_fullxfull.94690284_edir1sx132o8c4oc4cc4

 ポケットに何かを入れるのは当たり前。その当たり前の中にある「予期せぬ中身」が人々をクスッとさせる。「僕のポケットから見つけた君の持ち物(Your Things I’ve Found In My Pockets)」なんてジンも面白いかも。

—————
All images via Jesse Anderson
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load