DAILY
  •      
  • Sep 23, 2016
【今週のZINE】観光しない旅だけが見せる、知らない土地・ブラジルの日常。モノクロフォトジン『Rio(リオ)』
Pocket

旅に出たとき、あなたは旅人(traveller)だろうか。それとも観光客(tourist)だろうか。

自分の知らない地へ訪れるという点では同じであっても、二者の目的とスタンスはまるで違う。それだから、カメラにおさまる写真たちも必然的にがらりと顔を変える。

RioWeber_0097

 今回は、ある一人の女性が“旅人”としての体験を1冊にまとめたジンを紹介したい。
 『Rio(リオ)』。旅先はブラジル・リオデジャネイロだ。

 シンプルに題されたモノクロフォト・ジン、作者はオーストリア在住のドイツ人Eva Weber(エヴァ・ウェーバー)。
 昨年現地に住む友人を訪ねた彼女。自分の知らぬ土地で友人が過ごす「日常」に触れ、込み上げた想いをアナログフォトとして残した。

RioWeber_0099
RioWeber_0105

「旅は私の人生に新たな視点を与えてくれるわ。旅に出る上で、いつも心がけているのは、その土地に溶け込むこと」

 現地の日常に溶け込む友人を通してエヴァが見た旅先での景色は、観光本には決して載らないものばかり。
 路地に、電線に、通りを歩くリオの民。どれも旅人・エヴァの視点がくっきりと残されたフォトたちで、リオの突き抜けるような青い空がモノクロで映されているのもなんだか新鮮だ。
 お札や広告の切り抜きなんかも、ぺたっと。

RioWeber_0098
RioWeber_0103

 旅先であれもこれもと多くを得ようとしたり、多くを見ようとすればするほど意外と何も見えなかったりすることってないだろうか。
 観光地のことは一旦忘れて、旅先に広がる「日常」にとことん身を浸してみるのもいい。そんな風に思わせてくれるジンだ。

Rio

▶︎オススメ関連記事

ひと夏の旅、一冊のジン。バルセロナの旅の思い出ジン『Barcelona Zine』

世界最大級のスラム街、リオのファベーラ。そのコミュニティを再生しはじめたのは、音楽とアートだ!

▶︎▶︎週間人気トップ記事

ツイッター本社の移転先は「治安最悪・危険地帯」。サンフランシスコのドヤ街テンダーロインがテック企業注目エリアへ?

月収200万のスラム住民?スマホ大国インドで急成長「貧困街・職人のeコマースビジネス」

—————
All images via Eva Weber
Text by Shimpei Nakagawa and HEAPS

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...