DAILY
  •      
  • Mar 10, 2017
【今週のZINE】「強面ラッパー×子猫ちゃん」。レジェンドはみんな愛猫家?意外な組み合わせがシュールでポップなイラストジン『PUSSY(プッシー)』
Pocket

「Pussy(プッシー)」。ちょっと卑猥なこのフレーズがこれでもかとねじ込められているのは“ヒップホップのリリック”だけではないだろうか。 
 ラッパーと、彼らが愛してやまない“プッシー”のアブナイ関係を、ある一人のアーティストがジンにまとめた。
 
 あ、みなさん、もしや来るか来るかと期待させてしまったかもしれませんが、すいません。今回はプッシーといってもエロいやつじゃないです。“猫”の方です。 

biggie

 ブルックリンを拠点に活動するエッジーなグラフィックアーティスト、Wizard Skull(ウィザード・スカル)が作った『PUSSY(プッシー)』。女性器と子猫ちゃんの二つの意味をもつ“プッシー”をもじって、ラッパーと猫ちゃんたちをコラボさせたギャグイラストレーションジンだ。

snoop

 “BIGGIE(ビギー)”ことThe Notorious B.I.G(ザ・ノトーリアス B.I.G.)に2PAC(トゥーパック)、ICE CUBE(アイス・キューブ)、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、JAY-Z(ジェイ・Z)にKanye West(カニエ・ウェスト)ら、ヒップホップの新旧レジェンドが大事そうに抱えているのは(セクシーな姉ちゃんたちでなく)カワイイ猫ちゃんたち。

4e32acf377bf222411dbcaa5702f3c30_original
c766a2e4e835eba4a7d108988cb6e774_original

 

 強面ラッパーたちとその腕に抱かれた猫のギャップがたまらない。これがウィザード流「ヒップホップ愛」なのだろう。
 
 とまあ、ラッパーばりに“プッシー”を連呼させていただいたが。「ちなみに登場するレジェンドたちは、実際に愛猫家なのでしょうか?」とウィザードに聞いたところ、「知らない」と一言。そっか、それじゃ誰にも知る故なしということだ。

Wizard Skull

▶︎オススメ記事

2060年には絶滅?世界最小マイノリティ「赤毛」。希少なレッドヘアを一冊丸ごとで熱く語るジン『MC1R』

来日直前インタビュー!レジェンドラッパーが太鼓判を押す 若干10歳の“Hip Hop”イラストレーター

▶︎▶︎週間トップ人気記事

デモでメディアに名を馳せた男。反トランプな「デモ・セレブリティ」の狙い

メディアも政治家も避けたがる“タブー”。「真実と笑いの10分間」いま、本当のことを伝えるのはコメディアンたちだ

—————
All images via Wizard Skull
Text by Shimpei Nakagawa

Pocket

eye
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...