「月が綺麗ですね。お金を増やしましょう」え?魔女がススメる賢い稼ぎ方『Money Moon Magic』

「月の満ち欠けを知ればもっとお金を稼げます」。今日紹介するジンは『Money Moon Magic(マネー・ムーン・マジック)』、ハネムーンマジックじゃないぞ、マネームーンだ。月に変わっておしおきするセーラームンではないが、月の力を借りてお金を惹きつける人間になりましょう、とサラ・フェイス・ゴッテスディナーは真面目に説いている。

IMG_1220
mm_zine

 ドジな中学2年生の月野うさぎちゃんは黒猫ルナに出会って不思議な力を手に入れ、満月は普段がんばっておさえている狼男の凶暴を一瞬で解き放つ。ルナティック(変人・狂人)の語源がラテン語のルナ(月)にあるように、月と人間の変容についてはまあなんかあってもいいよねとは思う。でも、なぜお金を稼げるという話になるのか?
 
「そりゃあそうでしょう」と、サラは長いメールをしたためてくれた(自己紹介に、自身をアーティストでありウィッチ、としてある)。
 そもそも月は古代の人間が初めて手に入れたカレンダーであり、人の営みすべてを導きひいてはコントロールしてきました、とはじまり「人はDNAレベルで月に惹かれます。月が潮の干満をコントロールすることはあまりに有名ですが、それは地球上の水をコントロールしているということ。それは土にも含まれ、私たち人間もですよね。人間の50-80パーセントが水、つまり大部分を月にコントロールされているということ。感情やエナジーと結びついていると考えて良く、つまり月の満ち欠けは私たちの潜在意識と結びついるのです。月の満ち欠けを知ることは…潜在意識を知るドアーです。眠っている力を知るのです」。月の満ち欠けを知り、眠っている潜在意識を知る。そして、月の光とともに最大まで稼げる自分にもっていくと。

Screen Shot 2018-03-27 at 12.25.54 PM
サラさん。
Photos by Nancy Neil

Screen Shot 2018-03-27 at 12.16.18 PM

Photos by Erica Feldman

 で、月の力を借りるにはどうすればいいかというと「毎日、少しでも月と一緒に過ごしてください。月が出ていなくてもです」。オススメは上弦の月から満月に変わるまでの周期で、ここで月のパワーが増幅するらしい。また、「ワークショップもやっていますよ」。ワークショップの前にもう少しジンの中身について聞くと「それは教えられない:)」という。確かに、月を知りお金を増やしている彼女が、無料で教えてくれるわけないか。月が綺麗ですね、が(お金が増えそうですね)の意訳になってしまったら、夏目漱石はどんな顔をするんだろ(元ネタはググってください)。

————-
Photos via Sarah Faith Gottesdiener
Text by Tetora Poe
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

All articles loaded
No more articles to load
 

PRO-DESIGNERS

ビジュアルで世界をガラリと改良した〈前進のデザイナーたち〉