DAILY
  •      
  • Feb 10, 2017
【今週のZINE】「縮れ毛、かわいいじゃん?」自分らしくいたいすべての女子に捧ぐフェミニズムジン『All Natural Hair Zine(オール・ナチュラル・ヘア・ジン)』
Pocket

「Nappy(ナッピー)」という言葉をごぞんじだろうか。アッシー君やメッシー君のような調子で呼んでしまいそうなそれ、黒人特有の「縮れ毛」を指す用語だ。

スクリーンショット 2017-02-09 13.31.16

  実際、縮れ毛にコンプレックスを持つ黒人女性は多い。特に年配女性の大半が、ウィッグや縮毛矯正でストレートヘアにしているのだが、ここ数年ミレニアルズ世代の黒人女性を中心に盛り上がっているのが「natural hair movement(ナチュラル・ヘア・ムーブメント)」。
「back to nappy(縮れ毛に戻ろう)」を掲げ、縮れ毛をおしゃれにアレンジしたりして、あるがままの自分の髪に誇りを持とうというムーブメントだ。

 今回紹介する『All Natural Hair Zine(オール・ナチュラル・ヘア・ジン)』は、まさにそんな若いムーブメントが生み出したナッピーヘアスタイルジン。ケンタッキー州在住の黒人女子で“ナッピー”のRoechelle Adair(ロシェル・アデア)が作者だ。

me

 同誌では、ロシェルがリアル体験から学んだナッピーヘアお手入れのテクニックなどがまとめ上げられている。
 たとえば「ナッピーヘアのお手入れベストツール」。大きめのコームに、絡んでもつれた髪を解いてくれるデタングルブラシ、寝るときにシルクスカーフなど黒人の身だしなみにとって欠かせないアイテムを紹介。流行りのヘアスタイル本やファッション雑誌のヘア特集のような華やかさはないが、ナチュラルに美しくなることを素朴に説く。

il_fullxfull.823766656_gc1q

 ストレートヘア崇拝の親世代と一線を画す、ミレニアルズ黒人女子の「ナチュラル・ヘア・ムーブメント」。社会にある偏った認識や制約の中で、あるがままの自分でいよう・ナチュラルでいようと闘う姿に勝る美しさはあるだろうか。
 このジンに込められた「ナチュラルで美しく」はナッピーヘアの黒人女子だけでなく、ステレオタイプやコンプレックスに悩むすべての女子たちに届くのだ。

All Natural Hair Zine

▶︎オススメ記事

動き出す、肌の黒いミレニアルズ。“旅をしない人種”の「ブラック・トラベル・ブームメント」とは?

認識と闘う「A BLACK BODY」

▶︎▶︎週間トップ人気記事

ポートランド農家が提供。「理想の休日」は、ファーム・トゥ・テーブルの食卓・有機マリファナ付き?

Airbnbの“もう一歩先”の工夫。「キレイな部屋写真」だけで終わらなかった彼らのフォト・ディレクション

—————
All images via Roechelle Adair
Text by Shimpei Nakagawa, Edited by HEAPS

Pocket

eye
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...