女性を取り巻くお金の流れを変えるとき?女性起業家と投資家と、いち消費者を繋げるVCコミュニティサイト「The Helm」

「Helm(ヘルム)」とは、英語で「船の舵(かじ)」のこと。世界の女性起業家と消費者、投資家を乗せた船は、大航海へ出発。
Share
Tweet

「2015年、米国の投資家によって投資された金額は約6.3兆円。そのうち、女性起業家が受け取ったのはたったの7パーセントでした」。このことが問題視されたにも関わらず、翌年、その数はさらに2.5パーセントにまで減少。女性にとって「ベンチャー投資とは、最も不公平な資本形態のひとつなんです」。

そこでとある女性が一念発起。女性起業家への投資を増やすべく、女性が起業したスタートアップを支援するベンチャーキャピタルを創設した。女性起業家を支援したい投資家と会社を繋ぐだけでなく、一般消費者も巻き込んで、女性のライフスタイルに関連する企業の成長を、ぐんと加速させていくという。

女性起業家の企業のみキュレーションするVCサイト「The Helm」

 サイトの紹介の前に、もう少し女性起業家を取り巻く状況をみてみよう。そもそも女性起業家の数は、男性起業家と比べて圧倒的に少ない。また現在、ベンチャーキャピタル(ハイリターン狙って未上場の企業に出資する投資会社。以下、VC)で最終決定を下す者のなかで女性は10パーセント以下で、米国で女性投資家が一人もいないVCは、74パーセントを占める。調達できる資金も多くはない。米国にて2018年に女性が設立したスタートアップの資金調達額は、VCによる投資額のわずか2.2パーセントだった。

 資金調達に奮闘する女性の起業家を取り巻くのはこんな問題もある。調査によれば、20パーセント以上が投資家から口説かれたり性行為を強制されるといったセクシャルハラスメントを受けた経験があると答えている。さらに、なかには社会的立場を振りかざし「ことを表沙汰にすれば資金を出さない」という態度を示して、女性起業家による公表を阻止する投資家もいるのだ。

 そんな状況に「もう我慢できない!」と行動にでた女性が、リンジー・テイラー・ウッド氏だ。過去に10年ほど女性の権利向上を目指す活動をしていた経験を活かして、3年前に「The Helm(ザ・ヘルム)」を設立。ザ・ヘルムは、女性起業家を全面に支援するVCでもあり、女性起業家への投資を簡単にするプラットフォームだ。

 女性のエンパワメントやジェンダー平等促進を目的とする「ジェンダーレンズ投資」が注目されはじめている近年、「All Raise(オール・レイズ)」や「Rethink Impact(リシンク・インパクト)」などの女性起業家に焦点を当てたネットワークやVCは多く登場してきた。そのなかでザ・ヘルムが特徴的なのは、VCとしてのみならず、「消費者と女性起業家の企業を、消費者とそのプロダクトを繋ぐ」ネットワークであり、キュレーションサイトとしても機能していること。



Official Website of The Helm

 たとえば、ヒジャブを纏う女性にモデストファッションを提案する「オート・ヒジャブ(Haute Hijab)」や、退院後のママへの産後ケアを提供するオンラインプラットフォーム「マーミー(Mahmee)」、先週紹介した、アプリから生まれた女性専用クリニック「ティア(Tia)」、女性向けコワーキングスペース「ザ・リベッター(The Riveter)」、出張中の女性により健康的な食事を提供する空港ミールデリバリー「ブリーズ(Breeze、今夏ローンチ予定)」といった、女性のライフスタイルに関連した企業やブランドをVCとして全面バックアップし、ウェブサイト上でも紹介。創設者のインタビューも掲載する。

 紹介する企業やサービスの見せ方もユニークだ。「パートナーに喜ばれるギフト11選」と題して、薔薇のブーケやレザーの腕時計を販売する企業を、「生活をより良いものにするサービス11選」と題し、プライベートシェフを探すプラットフォームやお掃除サービスを紹介。「キッチンをもっとたのしくする18の台所用品」と題して、エプロンや調理器具メーカーを、などなど。いわゆるブログ風のキュレーションになっていてわかりやすい。いまの時期には、サンダルやワンピース、水着、旅行バッグなど夏アイテムもキュレート中だ。これまでは紹介に留まったものの、先日にはそれら商品をサイトを通して購入できるオンラインショッピングサービスもスタート。投資家でなくても、いち消費者が女性起業家の企業を支援できる仕組みを生み出しているのだ。




Official Website of The Helm

 ザ・ヘルムは、コミュニティとしても機能している。投資初心者のためVC教育カリキュラムを提供したり、創設者との企業見学ツアーといった体験イベントも開催。オンラインでのネットワーキングも盛んで、インスタグラムでも女性起業家たちの紹介ポストがフィードに目立つ。オンラインでもオフラインでもしっかりと女性起業家支援ネットワークやコミュニティを構築し、次世代の起業家を育成、すべての女性にチャンスをもたらすパイプラインを構築する。


@thehelmco

 現在、世界の購買力の70パーセントから80パーセントは女性が占めるといわれている。いち女性消費者たちの集まりこそ、起業家たちを支える大きな力になりうる。ザ・ヘルムは「女性のライフスタイル」をキーワードに、女性起業家、女性投資家、女性消費者を繋ぎ、女性のお金を心地よく循環させている。

—————
All images via The Helm
Text by Yu Takamichi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」など…
All articles loaded
No more articles to load