テーマは〈日本社会の本音と建前〉ジェンダーや政治などをキーワードに集結した、日本の現代アーティストたちの表現

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介する展覧会は、オーストリアと日本の国交150周年を記念し、オーストリアのウィーンにあるウィーン・ミュージアム・クォーターで開催されている『Japan Unlimited』。キュレーションは、日本の現代アートとの結びつきが強いマルチェロ・ファラベゴリ。“新ジャポニズム”の代表的なアーティストの会田誠や、現代アーティスト集団・Chim↑Pom(チン↑ポム)など国際的に有名な現代アーティスト、そして日本を代表するメディアアートグループ、ダムタイプの元メンバー、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、日本のフェミニストアート先駆者である嶋田美子、テクノロジーと人の関わりや性や生命倫理などをテーマにしたアート作品で有名なスプツニ子!などが顔を並べる。

同展のテーマは、日本社会の基本的な行動規範である「本音と建前」。本心からの言葉「本音」と、表向きの言葉「建前」が、日本の現代アートのなかでどのような役割をもっているのかを追求している。日本のサラリーマンの淡々とした孤独な日々を描くショートフィルムや、人間の内面と外見の関係性を考察するアーティスト澤田知子の写真作品、スプツニ子!のジェンダーを扱った作品『生理マシーン、タカシの場合』などを展示。さらに、福島原発事故後の東京電力CEOたちによる謝罪映像をアレンジした、現代アーティスト・鳥光桃代のビデオ作品『Business as Habitual』や、原爆ドームの上空に飛行機で「ピカッ」という文字を描いたChim↑Pomの作品『ヒロシマの空をピカッとさせる』もフィーチャーしている。東京電力福島第一原発事故や安倍政権を批判的に描いたその展示作品内容から物議を醸し、開催に協力していた在オーストリア日本大使館が公認を取り消したことでも話題となっている同展。あいちトリエンナーレに続くように、表現の自由を巡っての議論が勃発している。開催は11月24日まで。

※このコンテンツは、少々過激なイメージ・内容を含んでいます。

Ryts Monet
Amaterasu Goddess of Sun, 2014From the series Sisters
Flag, digital photography on cloth, 180 x 130 cm
Courtesy of the artist and Galleria Michela Rizzo, Venezia
© Ryts Monet alias Enricomaria De Napoli

Edgar HONETSCHLÄGER
Warum ist es so schwer die Leere zu akzeptieren?, Okutama/Munich 1999
Silk Screen print, 123 x 250 cm (10 parts, each 65 x 50 cm, edition 100)
Courtesy of the artist
© Edgar Honetschläger

Tomoko YONEDA
Former house of General Wang Shu-ming, the Chief of Staff under Chiang Kai-Shek, Cidong Street, I, 2010
From the series Japanese House
C-Type print (65 x 83 cm), framed 78,2 x 96,2 cm
Courtesy ShugoArts
© Tomoko Yoneda

Tomoko YONEDA
Former house of General Wang Shu-ming, the Chief of Staff under Chiang Kai-Shek, Cidong Street, II, 2010
From the series Japanese House
C-print, 65 x 83 cm
Courtesy ShugoArts
© Tomoko Yoneda

Hana USUI
Tokyo Kochisho, 2018
11 works, each oil on paper and white & black photo, approx. 23 x 33 cm, framed
Photo Gianmaria Gava
Courtesy of Dr. Barbara Ascher and Galerie Dittmar Berlin
© Hana Usui & Bildrecht (1)


MASK, 2006
Video, 4:58 min. (frame) Courtesy of the artist
© TOMOKO SAWADA


Salaryman 6, 2002 Video 7 min. (frame) Courtesy of the artist © Jake Knight


Picturesque (Hakodate), 2000
Woodcut print (panel, Japanese paper, sumi ink), 38 x 53 cm, unique Photo by Kei Miyajima
Courtesy of MUJIN-TO Production
© Sachiko Kazama


Menstruation Machine – Takashi’s Take, 2010 Video, 3:24 min.
Photo by Rai Royal
Courtesy of the artist
© Sputniko!


JAPAN UNLIMITED, 2019
curated by Marcello Farabegoli
frei_raum Q21 exhibition space MuseumsQuartier Wien
exhibition view
Photo by Pablo Chiereghin
Courtesy / © of Q21 / MQ and Marcello Farabegoli Projects

JAPAN UNLIMITED, 2019
curated by Marcello Farabegoli
frei_raum Q21 exhibition space MuseumsQuartier Wien
exhibition view
Photo by Pablo Chiereghin
Courtesy / © of Q21 / MQ and Marcello Farabegoli Projects

JAPAN UNLIMITED, 2019
curated by Marcello Farabegoli
frei_raum Q21 exhibition space MuseumsQuartier Wien
exhibition view
Photo by Pablo Chiereghin
Courtesy / © of Q21 / MQ and Marcello Farabegoli Projects

JAPAN UNLIMITED, 2019
curated by Marcello Farabegoli
frei_raum Q21 exhibition space MuseumsQuartier Wien
exhibition view
Photo by Pablo Chiereghin
Courtesy / © of Q21 / MQ and Marcello Farabegoli Projects


Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

等身大の視線と確かな手触りで、もう一度「いま」をつくる。世代の感性とイノベーション、アイドリス・サンドゥ(22)来日の1週間

こんにちは。HEAPS(ヒープス)です。もう11月だなんて。冬はもうすぐそこの角にいるようですが、ヒープスのイベントはもっとすぐそこです。もう角を曲がってきちゃっています。11月の末・12月の一週目に、今年最初で最後のイ…
All articles loaded
No more articles to load