ノーメンテナンスで気持ちよくやろう(女史のダラダラセット「白パン・ドライシャンプー・安アイス・袋ラーメン、他」)

Share
Tweet

今日はぜったいに何もしない!!!…と意気込むと逆に難しいので、しないのはメンテナンス的日常作業(洗い物とか洗濯とか本をしまうとか)で「楽しむための最小限の努力はして、気持ちよくダラダラしよう」が、ロンドンに住むアート関連の本を扱う司書であるシボン女史のハウツーだ。いかに良いダラダラをするかについてまとめたジン、『Living No Maintenane Lifestyle (ノーメンテナンスのライフスタイル)』、あらゆる日常作業の努力を最低限にして、気持ちよく楽しむ方法がイラストで紹介されている。

il_570xN.1371107614_gp7d
制汗スプレーではなくドライシャンプーだ。

 たとえば、汚いのは嫌だし頭がかゆいとリラックスもクソもないので、シャンプーはするけど「ドライシャンプー」という具合(水に濡らす必要がない。洗い流さなくてOK。汚れやフケなどを取り除いてくれるし、いい匂いになる)。アートと図書館、司書という字の連なりから勝手にテーネーな休日を過ごしているものかと思っていたよ。シボン女史の“最低限の日セット”は「角の店で買えるふかふかの白いパン・安いアイス・インスタントラーメン・ドライシャンプー」。インスタントラーメンって袋麺の方がそれっぽい。最低限感を出してくれるものがいいので、ラ王など生麺のすごいヤツは今回はダメ。チャーシューや味玉は、入れたら「本気のだらだら中」のインスタに並んで嘘になるので間違っても入れない。ノーメンテナンス、演出はもちろん含んでいない。

il_570xN.1371107596_22qc

 シボン女史の一番最近の最低限の日はこんな日曜だった。「昼頃にぬっくり起き出して床に落ちている服を拾いあげてするりと着込み(着ているのでちょうどよく自分型に伸びている)、一階のソファへ。テレビドラマシリーズを用意してピザもデリバリーする。夜寝る時間がきたのでベッドへ(明日は月曜日)」

 日本でダラダラするのにオーダーできる飯ってのはなんだろう。ピザもデリバリーできるけど、ダラダラというよりも特別なハッピー感が出ちゃうのでちょっと違うような。ピザ的日本のダラダラ飯ってなんだろう、出前できるヤツ。あれ、思いつかない。各々のダラダラセット(ダラダラ飯含む)を教えて欲しい。

Photos via Siobhan Britton
Text by Tetora Poe
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load