「ナスの賞味期限そろそろ。ちなみに鶏肉も。〇〇作ったら?」冷蔵庫の状況を把握する、賢すぎるタッパーが登場
Pocket

「奥からぶよぶよのトマト出てきた」「キュウリが緑のジュースになってた」。食品廃棄が良くないことは、そりゃあ重々承知。でも、ついつい賞味期限を逃して罪悪感と一緒にゴミ箱へポイッ。そんな失態を繰り返す我々に朗報。「ねえ、そろそろだよ」と、食材の無駄を未然に防いでくれる「賢いタッパー」が開発されたってさ。

冷蔵庫開けて一目でわかる。“色”で賞味期限を知らせてくれるタッパー

Ovie Smarterware Set

 その賢いタッパーは、米国のシカゴ発。米国でも食品ロス問題は深刻だ。去年発表されたレポート(自然資源防衛協議会)によれば、米国では購入した食品の40パーセントが廃棄されている。これ、「スーパーで買った食品5袋のうち、2袋を駐車場に置いてくようなもの」らしい。これは4人家族の場合、年間約20万円の損失に繋がる。

「現状を改善するために必要なのは、人々の習慣を変えることです」と一念発起したのがシカゴのスタートアップ、オービー・スマートウェア(Ovie Smarterware)。「誰もわざと廃棄しているわけじゃない。食料廃棄の主な原因は、その存在を忘れてしまうことです」。そこで開発したのが、忙しい現代人に食品の鮮度状況をわかりやすく知らせてくれる、“賢いタッパー”が肝となる食品管理システム「オービー」だ。

 食品の鮮度を管理するスマートタグ*付きのタッパーやクリップ、バンドで野菜や果物、昨日の残り物を保存。そうすると、冷蔵庫を開ければ「赤・黄・緑」の三色で「緑(まだ大丈夫)、黄(すぐ食べた方が良い)、赤(賞味期限が過ぎた)」と、食品の状態を知らせてくれる。冷蔵庫をあけてぱっと見だけでわかるのは、忙しい人たちにうれしい。

Ovie Smarterware Clip
Ovie Smarterware Containers
Ovie Smarterware Strap

*FDA(Food and Drug Administration、アメリカ食品医薬品局)を含む様々な団体からの情報で賞味期限に関する独自のデーターベースを構築。

 ここまででも「なるほど、画期的」だが。さらに驚くのはアマゾン、グーグル、アップルのスマートホームハブと連携できること。たとえばアレクサに「これはラザニアです」と言うだけで、そのスマートタグのついた食品がなにかを把握しトラッキングをはじめる。世界で初めて音声での食品管理を可能にした。
 スマートホーム機能を利用していない人には、アプリとの連携でこれが可能(音声ではなく手動で登録する必要があるが)。さらに、賞味期限をプッシュ通知で知らせてくれ、期限切れ間近の食材を使ったレシピも教えてくれる。冷蔵庫内のスマートタグのついた食品すべてのデータをあわせてトラッキングしているため、データに基づいてたとえば「ナスとひき肉の賞味期限がそろそろです。麻婆茄子を作ってはどうでしょう?」までしてくれるというのだ(レシピによっては「冷蔵庫にない足りない材料」も教えてくれる)。この賢いタッパーらのセット、商品化に向けて春にキックスターターでファンディング予定だ。

Team Ovie
Team Ovie - from left to right, Scott Wilson, Stacie Thompson, Dave Joseph, Ty Thompson

▶︎GOODs To Know

“先生からの口コミ”で爆発的に広まった教育サービス。ビル・ゲイツにザッカーバーグも推す「Kiddom」って?

「甘いモノ食べたい(イライラ)!」時に玄関までお届け。アプリをポチッで生理日予測&おやつデリバリー

▶︎▶︎週間トップ人気記事

「欲しいのは自由ではなく仕事」“もう一つのノマド生活”、米国の高齢者は季節労働を求めて巡回する

なぜグッチの“パチモンっぽいTシャツ”は売れたのか。「でもこれ、逆にいい感じ」を選ぶ皮肉のメンタリティー

———–
Photos via Ovie Press Release
Text by Yu Takamichi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Pocket

Ovie Smarterware Set copy 3
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...