DAILY
  •      
  • Mar 28, 2017
“一文字”をポップにクラフト。「紙で紙に刷る」活版印刷キットでどんな「A」つくる?
Pocket

テクノロジーの進化にますます拍車がかってデジタルワールドまっしぐらな現代、その側面で起こる「アナログ回帰」。アナログアイテムが戻ってくれば、今度はそれに現代技術や新デザインを掛けあわせた、次世代のレトロプロダクトが登場してくる。

detail_2464_1485066308

 今回紹介する「ペーパー・パレード・プリント・キット(以下、ペーパー・パレード)」もその一つ。キャッチコピーは「紙で紙に刷る」で、昔ながらの印刷技術「活版印刷」を現代のライフスタイルにコンバート。いつでもどこでも、手軽に活版印刷が楽しめる印刷キットだ。

detail_2464_1486288669

 まず、「活版印刷」とはなんぞや。これは、活字と呼ばれる鉛や木でできた文字を1つずつ組み合わせ、インキをのせて印刷する技術のこと。

detail_2464_1485067340
detail_2464_1485510390

 ペーパー・パレードでは、その活字に「紙活字®(Papertype®)」という厚紙を使用。活字の輪郭をキレイに転写するために紙素材を直角にカットできる最新のレーザー加工を導入。新旧技術のハイブリッドキットなのである。

detail_2464_1485067567
detail_2464_1485066127

 この紙活字®(Papertype®)がいい仕事をする。紙でできた表面は加工可能で、ナイフやフォーク、デスク周りのペンやクリップの引っかき傷やミニカーのタイヤの跡までつけられる。身のまわりのものでテクスチャーをつけて、自分だけの印字にできるのだ。

detail_2464_1486314864
detail_2464_1486318358
detail_2464_1486319539

 付属の印刷機も家庭で手軽にはじめるのにぴったりのデザイン。“活版印刷のある生活を描きたい”というコンセプトのもと、東京・御徒町(おかちまち)にある家具屋「WOODWORK(ウッド・ワーク)」と共同で製作、棚やテーブルにあっても違和感ないデザインに仕上がっている。うん、これならどんなライフスタイルにもフィットしそう。

detail_2464_1486666443
detail_2464_1486651767

 年々紙とのつき合いが薄れていくペーパーレスな現代、紙というだけで特別感を感じられるようになったが、さらに工夫して世界に二つとない活字で刷る家族や友人、恋人への春の便りはどうだろう。個性あふれる手作り名刺なんてのも、新しい門出には乙じゃないか。

詳しくはコチラから。

▶︎オススメ記事

今夏、「大人の自由研究」はこれで決まり。塗れる金属「Felight」でDIY

ミレニアルズのビジネス「グリーティング・カード」が上昇中!スマホ世代の心を掴む“次世代カード”とは?

▶︎▶︎週間トップ人気記事

新形態の滞在スタイルは「ポッドシェア」。ひとり客ターゲットの新たなホテルビジネスがウケている

ミレニアルズの妹分、超早熟「ジェネレーションZ」による雑誌のつくり方。高校生編集長(17)インタビュー

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Edited by HEAPS Magazine

Pocket

detail_2464_1485066308
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...